Home » Jリーグ » Jリーグ最強助っ人は誰だ!? 外国人能力値ランキング1〜10位。最も優れている選手は? » Page 5

6位:マリウス・ホイブラーテン


【写真:Getty Images】


所属クラブ:浦和レッズ
生年月日:1995年1月23日
今季リーグ戦成績:13試合1得点0アシスト

 ノルウェー人のマリウス・ホイブラーテンは今季、母国の強豪ボデ/グリムトから浦和レッズに加入し、アレクサンダー・ショルツと共に鉄壁のセンターバックコンビを築き上げている。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝ではオウンゴールを誘発するなど、アジア制覇の立役者に。加入からわずか半年で、早くもレッズサポーターのハートを掴んでいる。

 欧州で長く活躍してきたホイブラーテンのDFとしての能力はかなり高い。185cmの長身を誇り、球際で確かな強さを発揮するだけでなく、体格に似合わぬスピードで広範囲をカバーする。中でも空中戦の強さは飛び抜けており、クロス対応などで不安を感じさせることが少ない。今季リーグ戦における空中戦勝利数と勝率は、ショルツをも凌いでいる。

 ホイブラーテンは過去に「僕は足元でボールをプレーするのが得意」と話していたが、その言葉に偽りは一切ない。パスの質が高いことはもちろん、視野も広いため前線に供給する際の狙い所も素晴らしく、今季は何度か一本のパスからチャンスを演出している。「IQ」、「スキル」、「フィジカル」、「守備力」の全てで水準以上の数値を叩き出した男のトップ10入りは納得だ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top