フットボールチャンネル

海外サッカー 6か月前

放出必至か…。欧州、冬の移籍候補リスト10人【DF編】理由は様々?クラブを離れそうな男たち

text by 編集部 photo by Getty Images

トレヴォ・チャロバー(イングランド代表)

チェルシーのトレヴォ・チャロバー
【写真:Getty Images】


生年月日:1999年7月5日
所属クラブ:チェルシー(イングランド)
契約期間:2028年6月30日まで
23/24リーグ戦成績:なし

 トレヴォ・チャロバーはチェルシーと長期の契約を交わしているが、冬の移籍市場で売却される可能性が高まっている。

 8歳のときにチェルシーの下部組織に入ったチャロバーは、イングランドの各世代別代表に選ばれてきたエリートだ。2021年にプレミアリーグデビューを果たしたものの、その後はインパクトに欠けている。世界的な選手が集まるチェルシーではなかなか定位置確保には至らず、今夏の移籍市場では様々なクラブが獲得に乗り出していた。

 その中の一つであるバイエルン・ミュンヘンは、依然としてチャロバーの獲得に興味を持っていると英『チームトーク』が最近取り上げた。チャロバーをプレミアリーグデビューさせたトーマス・トゥヘル監督は現在のバイエルン・ミュンヘン指揮官で、強い関心を持っているという。

 昨季プレミアリーグで25試合に出たチャロバーだが、今季はここまで出番なし。チェルシーとしても価値が高いうちに放出するのは一つの選択肢で、実現の可能性は十分にありそうだ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top