フットボールチャンネル

Jリーグ 5か月前

「やっと来たか」大橋祐紀、ブレイクの理由。21戦13得点、湘南ベルマーレFWの変化【コラム】

シリーズ:コラム text by 藤江直人 photo by Getty Images

湘南ベルマーレが大橋祐紀につないだ襷

名古屋グランパス戦の先制ゴールをアシストした平岡大陽とゴールを決めた大橋祐紀
【写真:Getty Images】



「大橋くんがあそこにいなかったら、ゴールは決まっていなかったと思うので。大橋くんと2人で取ったというか、阿部くんも章斗くんも含めて、チーム全員で取ったゴールだと思っています」

 わずか8分後の23分には、湘南の山口智監督を驚かせた形で待望の追加点が生まれた。

 左サイドから仕掛けられた名古屋の攻撃を、DF大野和成が必死に食い止める。クリアされた形になったボールは自陣の中央にいた阿部への縦パスになる。この瞬間、左前方に大橋がいた湘南に対して、名古屋は中谷とMF米本拓司しかいなかった。しかも、中谷がスリップして阿部を逃してしまう。

 慌てて米本がつぶしに来るも、阿部はその股間にボールを通して前へ抜け出す。米本も倒れながら阿部に足を引っかけたが、すでにスプリントを開始していた大橋へ、一瞬早くボールが託された。

 パスがわたった場所はハーフウェイラインの手前。オフサイドはない。ドリブルで独走していく大橋を追う選手は中谷ただ一人。それもかなり離されている状況で、名古屋ゴールが近づいてきた。

「ランゲラック選手が前へ出てくるのは見えていました。一発で決められたらよかったんですけど」

 こう振り返った大橋が選択したのは、ランゲラックの頭上を越すループシュート。しかし、とっさの反応で右手を伸ばしたランゲラックに触られてしまう。しかし、宙を舞うボールに反応した大橋が無我夢中で頭をヒットさせると、シュートは無人の名古屋ボールへ吸い込まれていった。

「いいところにボールがこぼれてきたので『入れ』と思いました。決められて本当によかったです」

1 2 3 4 5 6 7 8

KANZENからのお知らせ

scroll top