Home » Jリーグ » 「やっと来たか」大橋祐紀、ブレイクの理由。21戦13得点、湘南ベルマーレFWの変化【コラム】

「やっと来たか」大橋祐紀、ブレイクの理由。21戦13得点、湘南ベルマーレFWの変化【コラム】

2023年11月13日(月)9時52分配信

シリーズ:コラム
text by 藤江直人 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

Jリーグ 最新ニュース

明治安田生命J1リーグ第32節、湘南ベルマーレ対名古屋グランパスが11日に行われ、2-1で湘南が勝利した。2得点を挙げた勝利に貢献した大橋祐紀は、11試合を欠場しながら自己最多を大きく更新する13得点をマークする。大卒プロ5年目のストライカーにどんな変化が起きたのだろうか。(取材・文:藤江直人)


湘南ベルマーレの歴史に並んだ大橋祐紀のゴール

今季13得点をマークする湘南ベルマーレFW大橋祐紀
【写真:Getty Images】

 クラブ史上に残る記録の価値を問われても、J1リーグで4試合連続ゴールをマークした湘南ベルマーレのFW大橋祐紀の脳裏には、なかなかイメージがわいてこなかったようだ。

【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】[PR]


 名古屋グランパスの猛反撃を後半の1ゴールだけに抑え、自らがあげた2ゴールを守り切った11日の明治安田生命J1リーグ第32節後の取材エリア。大橋はちょっぴり驚いた表情を浮かべながら、質問を介して記録の存在を教えてくれたメディアへ感謝。周囲に笑いの渦を引き起こした。

「そうなんですね……ありがとうございます」

 ピンとこなかったのも無理はない。湘南の歴史において、4試合以上で連続ゴールを決めた選手は過去にわずか4人。そのうちベッチーニョと野口幸司は大橋が生まれる1996年8月よりも前に、リカルジーニョと元日本代表FWの呂比須ワグナーは物心がつく前の幼少期にそれぞれマークしていた。

 補足すれば、すべてクラブ名がベルマーレ平塚だった1990年代にマークされている。湘南ベルマーレに改称された後、つまり21世紀に入って初の4試合連続ゴーラーになった大橋は、その過程でクラブに3勝1分けと“無敗”をもたらし、残留争いの渦中にある仲間たちをけん引している。

 セレッソ大阪に2-0で快勝した第29節は87分にダメ押し弾を、残留を争う京都サンガF.C.との直接対決を1-0で制した第30節では39分に決勝弾をマーク。首位のヴィッセル神戸と1-1で引き分けた第31節では開始11分に先制弾を決めて、初優勝を目指す相手を慌てさせた。

 キックオフ前の時点で5位の名古屋を迎えた一戦で、開始15分にゴールネットを揺らしたのも大橋。それでも、ホームのレモンガススタジアム平塚を沸かせたストライカーはどこまでも謙虚だった。

1 2 3 4 5 6 7 8

新着記事

↑top