Home » Jリーグ » 争奪戦必至!?J3で輝く逸材10人。J1とJ2も狙う?必見のステップアップ候補たち

Jリーグ 最新ニュース

 J3リーグは、かつてJ1にいた松本山雅FCやJ2にいたFC岐阜なども苦戦するほどタフな舞台で、湘南ベルマーレFW福田翔生やポルトガルのファマリカンMF行友翔哉など、シーズン中にステップアップした選手もいる。今回は、今オフに争奪戦になるであろうJ3クラブ所属のブレイク候補10人を紹介する。※情報は11月22日時点


FW:南野遥海(みなみの・はるみ)

テゲバジャーロ宮崎の南野遥海
【写真:Getty Images】

所属クラブ:テゲバジャーロ宮崎
生年月日:2004年5月13日(19歳)
2023リーグ戦成績:36試合9得点4アシスト


【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】[PR]


 ガンバ大阪からの期限付き移籍でテゲバジャーロ宮崎でプレーする南野遥海は、U-15、U-16、U-17日本代表を経験している逸材だ。G大阪ジュニアから順調にトップチームまで駆け上がると、2種登録選手として2022年5月14日に行われたJ1第13節の柏レイソル戦でトップチームデビューを果たした。

 2023年は正式にトップチームに昇格するとともに、宮崎に期限付き移籍。Jリーグ加入3年目のチームにとっては、J1と年代別日本代表を経験している貴重な選手である。

 迫力のあるドリブルと左足から繰り出されるシュートは南野の武器だ。主戦場はセンターフォワードで、ドリブルに加えてポストプレーもできる万能型レフティー。右サイドでも起用されることもあり、前を向かせると非常に危険な選手である。まだ19歳と若く今後の活躍が期待される。J3での経験を経て、いつか日の丸を背負う姿を見てみたい。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top