Home » Jリーグ » 【柏レイソルコラム】「自分のミスで…」細谷真大が背負う責任。同僚の“愛ある苦言”、勝つ集団に脱皮するためには?

【柏レイソルコラム】「自分のミスで…」細谷真大が背負う責任。同僚の“愛ある苦言”、勝つ集団に脱皮するためには?

2023年12月10日(日)12時53分配信

シリーズ:コラム
text by 元川悦子 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

Jリーグ 最新ニュース

天皇杯(JFA第103回全日本サッカー選手権大会)川崎フロンターレ対柏レイソルが9日に行われた。試合は延長を含めた120分で得点が入らず、PK戦の末に川崎に軍配が上がった。あと1歩のところでタイトルに手が届かなかった柏は、2024シーズンに課題解決を持ち越すこととなった。(取材・文:元川悦子)


J1残留を決めた柏レイソルが狙うタイトル奪取

柏レイソルFW細谷真大
【写真:Getty Images】

 2023シーズンのラストタイトルを巡る争いとなった12月9日の天皇杯決勝。2020年以来の王者奪回を目指す川崎フロンターレに、今季J1で残留争いを強いられた柏レイソルが挑む形だった。

【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】[PR]


 柏にしてみれば、リーグ戦は3日の最終節で残留を決めるという苦しいシーズンだったが、5月の井原正巳監督体制移行後、守備の抜本的な見直しに着手してからは、試合内容が目覚ましく改善。10月29日に川崎と対峙した際も1-1で引き分けたが、シュート数含めた内容面では上回っていた。

 今回は守備の要・犬飼智也、攻撃に新たなエッセンスをもたらしている山田雄士が規定により出られず、左サイドバック(SB)のジエゴが出場停止とメンバー的には厳しかったが、チーム全体が一丸となってタイトル、そしてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得に向かった。

 国立競技場に6万2837人という天皇杯決勝最多観客を集める中、スタートしたこの試合。勢いよく入った柏が早速、主導権を握った。ボール支配率こそ下回ったものの、前線からのプレスとハードワークで川崎の攻撃を遮断。高い位置でボールを奪い、素早く攻める形で次々とフィニッシュに持ち込んだ。特に異彩を放ったのが、10番をつけるマテウス・サヴィオ。彼のチャンスメークと得点への意識は目を引くものがあった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top