フットボールチャンネル

アジア 2か月前

アジア最高額クラブは? ACLクラブ市場価値ランキング1~8位。唯一Jリーグからランクインしたクラブは…

シリーズ:市場価値ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

2位:アル・ナスル(サウジアラビア)

アル・ナスル
【写真:Getty Images】


監督:ルイス・カストロ
総市場価値:1億4400万ユーロ(約201億6000万円)
最高額選手:オタビオ(3000万ユーロ/ 約42億円)

 2位にランクインしたのはサウジアラビアのアル・ナスルだ。ヨーロッパでプレーした有名選手を多く抱え、総市場価値は1億4400万ユーロ(約201億6000万円)となっている。

 クラブで最高金額の市場価値を持つのは、昨夏にFCポルトから移籍金6000万ユーロ(約84億円)で獲得したポルトガル代表MFオタビオ(3000万ユーロ/約42億円)だ。それに続くのがアイメリク・ラポルテ(2500万ユーロ/約35億円)、サディオ・マネ(2000万ユーロ/約28億円)、マルセロ・ブロゾビッチ(1800万ユーロ/約25億2000万円)らビッグネームの選手たちである。
  
 また、彼らに先んじて2021年7月に加入したブラジル人MFタリスカも1500万ユーロ(約21億円)と高額の市場価値を持つ選手だ。2023/24シーズンはここまで公式戦21試合に出場して20ゴール4アシストを記録しており、チームの攻撃を牽引している。
 
 そして、チームのキャプテンを務めているクリスティアーノ・ロナウド(1500万ユーロ/約21億円)もゴールを量産している。ここまでリーグ戦18試合出場20ゴール9アシストと得点ランキングで首位につけており、38歳ながらその得点能力はいまだ健在である。アル・ナスルはこれまでAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で優勝したことがない。ヨーロッパで数々の栄冠を手にしてきたロナウドは、クラブをアジアの頂点に導くことができるか。

1 2 3 4 5 6 7 8

KANZENからのお知らせ

scroll top