フットボールチャンネル

アジア 2か月前

アジア最高額クラブは? ACLクラブ市場価値ランキング1~8位。唯一Jリーグからランクインしたクラブは…

シリーズ:市場価値ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

1位:アル・ヒラル(サウジアラビア)

アル・ヒラル
【写真:Getty Images】


監督:ジョルジェ・ジェズス
総市場価値:2億4195万ユーロ(約338億7300万円)
最高額選手:ネイマール(4500万ユーロ/約63億円)

   AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント出場国の中で総市場価値1位となったのはサウジアラビアのアル・ヒラルだ。その金額は2億4195万ユーロ(約338億7300万円)で、2位のアル・ナスルに1億ユーロ(約140億円)近い大差をつけてのランクインとなった。

 昨夏から今冬にかけて1000万ユーロ(約14億円)を超える市場価値を持つ選手が8名加入している。その中でも最高金額の市場価値を持つのがネイマール(4500万ユーロ/約63億円)だ。しかしネイマールは怪我により2023/24シーズンの公式戦の出場が5試合にとどまっており、2年間総額4億ユーロ(約560億円)とも報道されている超大型契約に見合う活躍はできていない。市場価値も加入後約半年で1500万ユーロ(約21億円)下落している。
 
 それでも、ボノ、カリドゥ・クリバリ、セルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチ、ルベン・ネヴェス、マウコム、アレクサンダル・ミトロヴィッチらが先発して、7-0と大勝した国内リーグ第18節アブハー戦では、スタメン11人の総市場価値がヨーロッパの強豪クラブにも匹敵する1億6990万ユーロ(約237億8600万円)となった。
 
 アル・ヒラルはスカッドの豪華さだけでなく、2023年8月の国内リーグ戦開幕以降は公式戦無敗という圧倒的な強さも誇っている。アジアのスター軍団が今大会優勝の最有力候補と言ってもいいだろう。

【関連記事】
【グループリーグ順位表】AFCチャンピオンズリーグ2023/24(ACL)組み合わせ
【全試合日程・結果・放送予定一覧】AFCチャンピオンズリーグ2023/24(ACL)

【了】

1 2 3 4 5 6 7 8

KANZENからのお知らせ

scroll top