フットボールチャンネル

Jリーグ 4か月前

高額売却に成功! Jリーグ、移籍金差額ランキング1〜10位。安く買って高く売れた選手とは?

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

2位:ダヴィ(名古屋グランパス)


【写真:Getty Images】


加入時の移籍金:230万ユーロ(約3億2200万円)
放出時の移籍金:570万ユーロ(約7億9800万円)
利益:340万ユーロ(約4億7600万円)

 ブラジル人のダヴィはJリーグ複数クラブで活躍した助っ人で、名古屋グランパスには移籍金でも大きく貢献した。

 ダヴィは2007年にブラジルのヴィトーリアから北海道コンサドーレ札幌に加入した。1年目からJ2で17得点を挙げて昇格の原動力になると、2008シーズンはJ1で16得点を記録している。下位に低迷したチームで存在感を放ち、2009年に230万ユーロ(約3億2200万円)の移籍金で名古屋に加入した。

 名古屋では開幕戦の大分トリニータ戦で2得点と見事なスタートを切って、すぐにエースに君臨し、第17節までにリーグ得点ランクトップの10得点を記録している。すると、夏にカタールのウム・サラルが違約金の満額とされる額を支払ったことで、引き抜かれることになった。結局ダヴィはこのシーズンのチームトップスコアラーで、名古屋にとって戦力的には痛手だったものの、在籍半年で340万ユーロ(約4億7600万円)の利益を生んでいる。

 2011年にヴァンフォーレ甲府で日本復帰を果たしたダヴィは、抜群の決定力で2012シーズンはJ2得点王になった。2013シーズンからは2年連続で鹿島アントラーズで2桁得点を達成するなどしている。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top