フットボールチャンネル

フォーカス 4か月前

忠誠心が半端ない! J2選手、同一クラブ在籍年数ランキング1〜10位。今は希少? 理想のワンクラブマン

シリーズ:クラブ在籍年数ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

国内外の移籍市場が活発になった現代サッカー。しかしその中でもワンクラブマンとしてクラブに忠誠を誓う選手がいる。今回はデータサイト『transfermarkt』から現役Jリーグ選手の同一クラブ在籍年数ランキングを紹介する。※現所属クラブでの在籍期間を扱う。在籍年数、成績は3月2日時点


10位:宮本航汰

宮本航汰

【写真:Getty Images】

生年月日:1996年6月19日
所属クラブ:清水エスパルス
在籍年数:9年30日

JリーグはDAZNが全試合独占配信!
月額720円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]

 J2同一クラブ在籍年数ランキングで10位にランクインしたのは、清水エスパルス所属のMF宮本航汰だ。エスパルスのユース出身である宮本は、同クラブで9年のキャリアを重ねている。

 宮本は2015年にエスパルスのトップチームに昇格すると、翌年V・ファーレン長崎へとレンタル移籍。長崎では2年間でリーグ戦29試合に出場した。その後、2018年にFC岐阜にレンタル移籍となると、ボランチとして自己最多の41試合に出場しプロ初得点もマークした。岐阜2年目は怪我で離脱する期間はあったものの25試合に出場し、満を持してエスパルスに復帰することとなった。

 復帰後は4シーズンで77試合に出場。2021年や2022年はスタメンとして起用される時期もあり、年々チーム内での序列が上がっている。昨季はエスパルス再加入後最多の29試合に出場した。

 昨季はあと一歩のところでJ1昇格を逃したエスパルス。27歳とサッカー人生の中盤に差し掛かってきた中で、宮本に求められる役割は大きくなる。チームにとって至上命題であるJ1復帰に向け、エスパルス一筋のMFの真価が問われる1年となりそうだ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top