フットボールチャンネル

フォーカス 2か月前

日本の地で何を…。Jリーグ史上最悪の悪童外国人6人。期待されるも…。クラブを失望させてしまった男たち

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

FW:ウィル(ブラジル出身)

元横浜F・マリノスFWのウィル
【写真:Getty Images】

生年月日:1973年12月15日
在籍クラブ:大分トリニータ、北海道コンサドーレ札幌、横浜F・マリノス
在籍期間:1999年~2003年
J1リーグ通算成績:66試合40ゴール0アシスト

 J1得点王にも輝いたことがあるウィルだが、素行が良かったとは言い難い。

 1998年に大分トリニータへ加入したウィルは、J2ながらも加入後2シーズンで40ゴールを記録する目覚ましい活躍を見せた。優れたフィジカルを活かした前線での活躍やストライカーらしい独善的なプレーから「俺王」の愛称で親しまれた。2001年にレンタル移籍で加入したコンサドーレ札幌ではリーグ戦26試合24ゴールと大爆発し、クラブのJ1残留に大きく貢献。J1得点王にも輝いた。

 しかし、翌年に横浜F・マリノスにレンタルで加入すると、その自己中心的な性格が悪い方向に作用する。24試合で14ゴールを奪うなど得点力は健在だったものの、当時のマリノスには中村俊輔ら多くのタレントが揃っており、ウィルがクラブの王様となることは出来なかった。この扱いにフラストレーションがたまっていたのだろうか、10月に行われたジュビロ磐田との一戦では、2枚目のイエローカードを受け退場を命じられると、思い通りにパスをくれなかった味方の奥大介に強烈なキックを見舞う愚行に及び、その後、6試合の出場停止を言い渡されることになった。

 この行為は当然許されるものではなく、マリノスはウィルを解雇。同選手はその後、2003年に古巣の札幌に期限付きで復帰すると、同年夏にこちらも古巣の大分に身を置いたが、かつての輝きはなく、このシーズン限りでJリーグに別れを告げている。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top