フットボールチャンネル

フォーカス 4週間前

日本の地で何を…。Jリーグ史上最悪の悪童外国人6人。期待されるも…。クラブを失望させてしまった男たち

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

Jリーグが創設されてから30年が経った。Jリーグにおいて外国人の存在は特別だ。数多くの外国人選手が「助っ人」としてチームを救ってきている。しかし、その中には、目に余る言動でクラブを去っていった悪童もいる。今回は、様々な問題行動でクラブの怒りを買った選手を紹介する。


DF:ギレルメ(ブラジル出身)

元ジュビロ磐田DFのギレルメ
【写真:Getty Images】

生年月日:1988年2月5日
在籍クラブ:ジュビロ磐田
在籍期間:2018年1月~5月
J1リーグ通算成績:11試合0ゴール1アシスト


JリーグはDAZNが全試合独占配信!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 ブラジル出身DFのギレルメは、ジュビロ磐田のクラブ史に汚点を残す選手となってしまった。

 ギレルメはスペインのアルメリアやブラジルのサントスFCなどのクラブを転々とし、2018年にブラジルリーグのトンベンセからジュビロ磐田に期限付きで加入した。当時の磐田は左SBが補強ポイントの一つとなっており、攻守両面で高い強度を持ち合わせているギレルメの加入は、クラブにとって期待感を持たせるものだったはずだ。

 開幕当初から左SBや左WBでコンスタントに出場していた同選手だが、5月に行われた第12節の横浜F・マリノス戦で事件は起こる。この試合2枚目となるイエローカードを提示されたギレルメは、この判定に対し不満を爆発させた。そして、あろうことかマリノスMF喜田拓也を激しく蹴りつけ、マリノスの通訳にも暴行を働いたのである。

 この行為は看過できるものではなく、ギレルメには6試合の出場停止処分が下されることとなる。磐田はこの問題行動を重く受け止め、双方同意のもと同選手を即刻解雇。母国に戻ってからもピッチ内で暴行事件を起こしており、その気性の荒さは全く改善されることはなかった。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top