フットボールチャンネル

フォーカス 2か月前

日本の地で何を…。Jリーグ史上最悪の悪童外国人6人。期待されるも…。クラブを失望させてしまった男たち

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

MF:ベット(元ブラジル代表)

元サンフレッチェ広島MFのベット
【写真:Getty Images】


生年月日:1975年 1月7日
在籍クラブ:北海道コンサドーレ札幌、サンフレッチェ広島
在籍期間:2003年1月~5月、2004年7月~2006年10月
J1リーグ通算成績:55試合3ゴール0アシスト

ブラジル出身のベットはJリーグで2つのクラブに在籍していたが、どちらもパーソナルな面でクラブを退団している。

ボタフォゴでプロデビューしたベットは、20歳にしてブラジル代表に選出されるほどの逸材だった。同選手はセリエAのナポリでも活躍し、その後はフラメンゴやフルミネンセといったブラジルの名門で実績を積み重ねていた。

 2003年、ベットは北海道コンサドーレ札幌へ移籍する。J2に降格してしまった同クラブの、J1復帰のための目玉補強であり、大活躍が期待されていた。しかし、異国の地でホームシックとなってしまい、わずか7試合の出場で5月中に電撃退団となってしまった。

 ただ、同選手はもう一度日本に帰ってきた。2004年夏、退団した外国人選手の後釜としてサンフレッチェ広島に加入したのだ。今度はホームシックになることなく、約2年半で55試合に出場しまずまずの活躍を見せていた。しかし、2006年9月に傷害事件を起こし逮捕されてしまうと、事態を重くみたクラブによりすぐさま解雇。ベットの2度目のJリーグ挑戦はあっけなく終わってしまった。

【関連記事】
【2024年】J1リーグ戦力総合評価ランキング1~10位。優勝候補はどこだ? 全20クラブを格付け!
【一覧】Jリーグ移籍情報2024 新加入・昇格・退団・期限付き移籍・現役引退
Jリーグ“最強”クラブは? パワーランキング。人気や育成、成績など各指標からJ1~J3全60クラブを順位化

【了】

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top