シンガポール代表

岡田武史が語る日本人指導者の「過渡期」。森保一、西野朗、本田圭佑、吉田達磨、彼らが示す日本サッカーの立ち位置とは?

カタールワールドカップ・アジア2次予選では、エントリーしている40ヵ国のうち、4人の日本人が指揮を執っている。かつて日本代表監督としてワールドカップを2度指揮し、中国の杭州緑城でも監督を務めた岡田武史氏は、この現状を踏まえて日本サッカーを「過渡期」と表現している。(取材・文:藤江直人)

【独占】シンガポール代表GKイズワン、日本でのプレー熱望「今こそ日本語を学ぶ必要がある」

2018年ロシアW杯アジア二次予選てグループ首位に立つ日本代表だが、唯一勝利できなかったのはホームでのシンガポール代表戦だった。この試合で神懸かりセーブを連発したシンガポール代表GKイズワン・マフムドは、松本山雅FCからトライアルのオファーを受け、練習に参加した。日本でも大きな注目を集めるイズワンだが、フットボールチャンネルの独占インタビューに応え、将来的なJリーグ入りへの思いを語ってくれた。

【識者の視点】柏木がもたらした攻撃のリズム。見直される“クリエイティブなボランチ”の存在意義

日本代表は12日に行われたロシアW杯アジア二次予選シンガポール戦で、3-0の勝利を収めた。この試合で、アクセントの効いたパスで攻撃のリズムをもたらしていたのは柏木陽介だ。3年9ヶ月ぶりの先発出場となった柏木の台頭で、クリエイティブなボランチの存在意義が見直されている。

新着記事

↑top