トルクメニスタン代表

日本代表

伊名将の腹心が日本代表を徹底解剖。トルクメニスタン戦で見つかった課題とは?【敏腕分析官の眼】

日本代表は昨年のロシアワールドカップを終えて以降、森保一監督の下で新たなチーム作りを進めてきた。そして迎える初めての公式戦はアジアカップ。大陸王座奪還に向けてサムライブルーの強みと弱みはどこにあるのだろうか。イタリアの名将ロベルト・ドナドーニ氏の下で映像分析のスペシャリストとして働くアルベルト・ナビウッツィ氏が9日のグループリーグ初戦・トルクメニスタン戦を詳細に分析し、日本代表を丸裸にする。(分析・文:アルベルト・ナビウッツィ【YouCoach/イタリア】)

日本代表

森保Jが露呈したカウンターへの脆弱性。必然の2失点…今こそ守備組織整備の時

日本代表は9日、アジアカップのグループリーグ初戦でトルクメニスタン代表と対戦し3-2で勝利を収めた。まさに「辛勝」と表現できる内容。FIFAランキングで127位の相手は、日本の守備の脆弱な部分を正確に見抜いて狙ってきた。必然だった2失点から大苦戦の要因を読み解く。(取材・文:舩木渉【UAE】)

190110_daihyo2_getty

日本代表、「最悪の前半」はなぜ起こったのか? 再現された8年前の悪夢と「何か起きる予感」

日本代表は9日、AFCアジアカップ・グループステージ第1節でトルクメニスタン代表と対戦。3-2と逆転での白星発進となったが、0-1で終えた前半の45分間は最悪な展開といえるものだった。これまで順調だった森保ジャパンに何が起こったのか。その要因を探る。(取材・文:元川悦子【UAE】)

190110_daihyo3_getty

日本代表、苦戦を招いた6つの要因。反省点ばかりの初戦、“自作自演”の逆転勝利【西部の目】

日本代表は9日、AFCアジアカップ・グループリーグ第1節でトルクメニスタン代表と対戦した。最終的に3-2と勝利したものの、先制を許す展開を強いられている。特に前半は低調だった。(取材・文:西部謙司【UAE】)

日本代表

英国人が見たトルクメニスタン戦「堂安弾、他の日本人ならシュートすら打ってない!」「MVPはやっぱり大迫」

日本代表は現地時間9日、AFCアジアカップ2019・グループリーグ第1節でトルクメニスタン代表と対戦し、3-2の勝利を収めた。この試合中、現地UAEで試合を取材し、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)

新着記事

FChan TV

↑top