フェルナンド・ジョレンテ

ナポリ

今季のナポリは本当に恐ろしいチーム。充実補強で加速する、打倒ユベントスへの期待感【欧州主要クラブ補強診断(2)】

2019/20シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はナポリの補強を読み解く。(文:編集部)

20190820_eyecatch_getty

Jクラブも獲得可能? 現在フリーの名手5人(1)。昨季のCLファイナリストに本田圭佑の名も!【編集部フォーカス】

ヨーロッパ各国リーグの新シーズンが続々と開幕を迎えている。移籍市場も終盤に差し掛かりつつあるが、まだまだ所属先の決まっていない選手たちはたくさんいる。Jリーグも夏の移籍市場が8月16日をもって終わりを迎えたが、追加登録期間は9月13日までとなっており、現在フリーとなっている選手を加えることは可能だ。今回フットボールチャンネル編集部では現在フリーとなっている選手5人をピックアップした(市場価格は『Transfermarkt』を参照)。

アヤックス

アヤックスが流した涙。運命を変えたトッテナムの采配…若きタレント集団に何が起きたのか

チャンピオンズリーグ準決勝2ndレグ、アヤックス対トッテナムの一戦が現地時間8日に行われ、2-3でアウェイチームが勝利している。アヤックスは後半ATまで2戦合計スコアで上回っていたものの、95分に失点を喫し、土壇場で決勝進出を逃す形になった。前半はほぼ完璧な内容の試合を見せていた同クラブに、一体なにが起きたのだろうか。(文:小澤祐作)

マンチェスター・シティ

なぜ、マンCはまたも敗れたのか? 狂わせたトッテナムの“自殺行為”。激戦の戦術を紐解く

マンチェスター・シティは、チャンピオンズリーグ準々決勝でトッテナムに敗れた。ジョゼップ・グアルディオラ監督のもと悲願の欧州制覇を目指したが、またもその夢はついえた。しかし、この結果はトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督による“自殺行為”とも言える采配が生んだものだった。(文:内藤秀明)

新着記事

↑top