マルコ・アセンシオ

マルコ・アセンシオ

レアル、背番号11は「もう限界」。アトレティコ戦タッチ数最低…そしてまさかのクロスマシーンに【分析コラム】

ラ・リーガ第26節、アトレティコ・マドリード対レアル・マドリードが現地時間7日に行われ、1-1のドローに終わっている。アウェイのマドリーは終盤にカリム・ベンゼマの得点で何とか追いついたものの、内容ではほぼ負けてしまった。このマドリードダービーで浮き彫りとなったのは得点力不足、ウイングの頼りなさだ。(文:小澤祐作)

20210225_real_getty

レアル・マドリードの両翼は全く輝けない。1人退場のアタランタに1点止まりは危険【CL分析コラム】

チャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16の1stレグ、アタランタ対レアル・マドリードが現地時間24日に行われ、0-1でアウェイチームが勝利している。17分にレモ・フロイラーが一発退場を喰らったことで、マドリーは長い時間アタランタを押し込むことができた。しかし、1点のみは物足りない。(文:小澤祐作)

20210224_real_getty

レアル・マドリードには誰がいるの? 現在のスタメン、フォーメーションは? モドリッチらベテラン勢が健闘、アザールの裏切りは続く…

2020/21シーズンのラ・リーガも後半戦に突入している。新加入選手の適応や負傷者の発生などによって、開幕前に描いていたメンバー構成から変更を余儀なくされたチームもある。今回は、レアル・マドリードの最新のスターティングメンバー11人をフォーメーションとともに紹介する(直近数試合のメンバーとフォーメーションを元に作成、成績は2月23日時点)。

マルコ・アセンシオ

レアル・マドリード、背番号11がついに完全復活か。アセンシオが躍動…左ウィングに激しい競争の予感【分析コラム】

ラ・リーガ第15節が現地23日に行われ、レアル・マドリードはグラナダを2-0で下した。公式戦6連勝を飾ったチームにおいて目立ったのは、途中出場したマルコ・アセンシオの活躍ぶりだった。チームメイトの負傷によって訪れたチャンスを生かした24歳は完全復活を印象づけた。(文:舩木渉)

スペイン

最高額のスペイン人は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング11~15位。久保建英と同僚の逸材が急速に台頭

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いスペイン人選手は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出したスペイン人選手の市場価値ランキングを紹介する。※成績は12月3日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

レアル・マドリード

レアル・マドリードの“目玉補強”は…。異例の新戦力ゼロ、アザール復活に希望を託すか【欧州主要クラブ補強診断(8)】

欧州の2020/21シーズンが開幕し、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、各国の主要クラブはそれぞれどんな動きを見せたのだろうか。今回は昨季のラ・リーガで優勝を果たしたレアル・マドリードの補強動向を読み解く。

スペイン代表

スペイン代表メンバーって誰がいるの? 現在のスタメン、フォーメーションは? 黄金期が去り、これからの時代を築いていくのは…

2010年南アフリカワールドカップ制覇、2008年と2012年のEUROを制すなど一時代を築いたスペイン代表。ここ最近は国際大会で思ったような結果を残すことができていないが、ルイス・エンリケ監督はどんなチームを作り上げていくのだろうか。今回は、そんなスペイン代表の現在の主力メンバーをポジションごとに紹介していく(代表成績は2019年11月18日のルーマニア代表戦終了時のもの)。

0625Kubo_getty

久保建英にファウル連発、レアルが認めた証とは? 一方で…突きつけられた現実と復帰への険しい道

リーガエスパニョーラ第31節、レアル・マドリード対マジョルカが現地時間24日に行われ、レアルが2-0で勝利を収めた。フル出場したマジョルカの久保建英が存在感を放っていることはプレーやスタッツからも明らか。しかし、自身を保有するレアルとの直接対決で、復帰への道のりが険しいことも露わになっている。(文:加藤健一)

マルコ・アセンシオ

アセンシオ、330日ぶりの華麗な復活劇。レアル・マドリード逆転優勝へのラストピースとなるか

夢のような時間だった。現地18日にラ・リーガ第29節が行われ、レアル・マドリードがバレンシアに3-0で勝利を収めている。この試合の後半途中から出場したマルコ・アセンシオは約11ヶ月ぶりの戦列復帰にして、ファーストタッチでゴールまで決めて見せた。(文:舩木渉)

新着記事

↑top