ヨアヒム・レーブ

ドイツ代表

ドイツ代表、指揮官が信頼を置く男の重要性とは? 急造を余儀なくされたチームが見せた「一つの可能性」

ドイツ代表は10日にアルゼンチンとの強化試合を行った。試合結果は2-2のドローに終わったが、ドイツ代表は、負傷者とコンディション不良の選手が相次いだ中での戦いを強いられた。それでもこの試合では収穫があった。その収穫とは、アルゼンチン戦キャプテンのキミッヒの存在だった。(文:本田千尋)

ドイツ代表

ドイツ代表メンバーって誰がいるの? 現在の主力は? 重鎮の強制代表引退後、どのような若手が揃うのか【編集部フォーカス】

連覇を目指して挑んだロシアワールドカップではまさかのグループリーグ敗退に終わったドイツ代表。その後のUEFAネーションズリーグでもグループ最下位に終わるなど、苦戦は続いている。ただ、チームは世代交代を着々と進めており、現在は若い選手が中心となって再建を目指している。今回は、そんなドイツ代表のメンバーを基本フォーメーションからポジションごとに紹介していく(代表成績は10月13日のエストニア代表戦終了時のもの)。

ドイツ代表

ドイツ代表はオランダ代表戦4失点敗戦をどう見ている? 英雄たちの“強制引退”が次世代への英断に

EURO2020(欧州選手権)予選でドイツ代表は再建の道を歩んでいる。2018年ロシアワールドカップではグループリーグ敗退を喫し、UEFAネーションズリーグではリーグB降格という屈辱を味わったが、それまでの中心選手に“代表引退”を促して若き力を中心に据えた。先のオランダ代表戦では2-4と敗戦を喫したが、それもプロセスの一部といえる。(文:本田千尋)

190328_3_getty

ドイツ代表、“引退勧告”は正解だったか? ミュラーの居場所はない。若き力はどう生かされたのか

ドイツ代表は24日、EURO2020予選でオランダ代表と対戦して3-2と勝利を手に入れた。今回の代表戦を前にドイツ代表は大きな変革を行っていた。マッツ・フンメルス、ジェローム・ボアテング、トーマス・ミュラーへ引退勧告とも取れる意向を通達した。若返ったかつての世界王者は、オランダを相手にどのような試合を繰り広げたのだろうか?(文:本田千尋)

新着記事

↑top