リーズ・ユナイテッド

20210121_focus_getty

若手世界最高額ベストイレブン。20歳以下から市場価値で選出、久保建英の名はあるか?

毎年12月、FIFA(国際サッカー連盟)は年間表彰式を開催し、ベストイレブンをはじめとした各賞を発表する。その年に活躍した選手が選出されるこのベストイレブンとは別に、市場価値が高いベストイレブンを組むとどのような顔ぶれが並ぶだろうか。今回フットボールチャンネル編集部は、「4-2-3-1」の布陣に最も市場価値が高い20歳以下の選手を配置した11人を紹介する。※データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値を元に作成、成績は1月20日時点

20201223_decrease26to30_getty

世界最大の暴落は誰? サッカー選手市場価値下落ランキング26~30位。アーセナルの“100億円男”は期待を裏切り…

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなったサッカー界で、2020年に最も市場価値を下げたのは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値下落額ランキングを紹介する。※2020年1月1日と現在の市場価格を比較。数字は12月21日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

1203Bielsa2_getty

ビエルサはなぜマンツーマンに拘るのか? リーズで仕掛ける“狂人”の戦略【ビエルサの兵法・後編】

「プレミアリーグ謀略者たちの兵法」と題してプレミアリーグの監督たちを特集した12/7発売『フットボール批評issue30』から、世界最高峰の舞台に帰還したマルセロ・ビエルサ率いるリーズ・ユナイテッドの「持たざる者」の兵法に日本有数のビエルサマニア龍岡歩氏が迫った記事を、発売に先駆けて一部抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:龍岡歩)

1203Bielsa1_getty

狂人の帰還。マルセロ・ビエルサの兵法に迫る。リーズで企てるマンツーマンの正体は…【ビエルサの兵法・前編】

「プレミアリーグ謀略者たちの兵法」と題してプレミアリーグの監督たちを特集した12/7発売『フットボール批評issue30』から、世界最高峰の舞台に帰還したマルセロ・ビエルサ率いるリーズ・ユナイテッドの「持たざる者」の兵法に日本有数のビエルサマニア龍岡歩氏が迫った記事を、発売に先駆けて一部抜粋して前後編で公開する。今回は前編。(文:龍岡歩)

ミケル・アルテタ

アーセナル、最低最悪なペペの愚行は…。今季ワーストゲームで消えたオーバメヤンの良さ【分析コラム】

プレミアリーグ第9節、リーズ・ユナイテッド対アーセナルが現地時間22日に行われ、0-0のドローに終わっている。ニコラ・ペペの退場で10人となったアーセナルはなんとか勝ち点1を拾ったが、攻守両面で良いところなく90分間を過ごした。今季ワーストゲームと言わざるを得ない。(文:小澤祐作)

クリスティアン・フクス

レスター、強さの理由は? チームを支える奇跡の優勝メンバーたち。まさにいぶし銀、ベテランの生き残る道

プレミアリーグ第7節が現地2日に行われ、レスター・シティはリーズ・ユナイテッドを4-1で下した。開幕から好調を維持して2位につけるレスターを支えているのは、かつて“奇跡の優勝”の立役者となったベテランたちかもしれない。それぞれの方法で生き残ってきた数少ない優勝メンバーの5人は、いまだに重要な存在であり続けている。(文:舩木渉)

1028Premier_getty

プレミアリーグ20/21 キャプテン一覧。イングランド人は? 在籍年数が最も長いのは…

プレミアリーグの2020/21シーズンが開幕した。連覇を狙うリバプール、覇権奪回を目論むマンチェスター・シティ、昇格初年度ながら旋風を起こすリーズなど、今季も話題に欠くことはない。今回は、ピッチ内外で重要なタスクを担うキャプテンをクラブごとに紹介する。(加入年は最初に加入した時期)

1024Bielsa_getty

リーズは全勝アストン・ヴィラをどう攻略したのか? 流れを変えたビエルサの決断と20歳のビッグプレー

プレミアリーグ第6節、アストン・ヴィラ対リーズ・ユナイテッドが現地時間23日に行われ、0-3でリーズが快勝した。ここまで全勝と波に乗るアストン・ヴィラに対し、マルセロ・ビエルサ監督率いるリーズはどのように戦ったのか。(文:加藤健一)

1020Leeds_getty

リーズは普通以下のチームに。リバプールとマンCには互角だったが…弱点を突いたウルブズの狡猾な戦法

プレミアリーグ第5節、リーズ・ユナイテッド対ウォルバーハンプトンが現地時間19日に行われ、0-1でウルブズが勝利を収めた。試合はリーズが主導権を握る展開が続いたが、2季続けて7位に食い込み、ビッグクラブ相手にも好勝負を演じてきたウルブズの試合巧者ぶりが光る試合だった。(文:加藤健一)

20201020_premierleague_getty

プレミアリーグ全チーム、夏の移籍金総額ランキング。世界を騒がせ、最も“バブリー”だったクラブは?

欧州の2020/21シーズンが開幕し、夏の移籍市場が終了した。今年も多くの選手が新天地を求め、世界最高レベルの選手も移籍を決断している。各クラブは巨額の資金を投じ、戦力強化に余念がなかった。今回フットボールチャンネル編集部では、プレミアリーグに所属する全20チームの今夏の総支出額ランキングを紹介する(※移籍金は『transfermarkt』を参照)。

新着記事

↑top