ロナウド

0701_brazil01

仏W杯準決勝オランダ対ブラジル。録画であることすら忘れさせた、胸が高鳴り続ける一戦【私が見た平成の名勝負(10)】

国内外で数多の名勝負が繰り広げられた約30年間の平成時代。そこで、フットボールチャンネルは、各ライターの強く印象に残る名勝負をそれぞれ綴ってもらう企画を実施。第10回は平成10(1998)年のフランスワールドカップ準決勝・オランダ代表対ブラジル代表の戦いを振り返る。(文:本田千尋)

18114_msn_getty

日本代表“NMD”も続けるか、最強攻撃トリオ5選。MSNに3R、往年のオランダ3人衆も 【編集部フォーカス】

日本代表は新体制発足後、3連勝中と絶好調。中島翔哉、南野拓実、堂安律の“NMD”トリオは、森保ジャパン躍進の原動力となっている。この攻撃ユニットは今後も日本の武器となるだろう。そして、今も昔も世界には様々なトリオが存在。今回フットボールチャンネル編集部では、抜群の破壊力を誇った3人衆を紹介する。

新着記事

FChan TV

↑top