三浦知良

三浦知良

三浦知良、「衰えているけど、それをカバーできるのは…」。キングカズを駆り立てる原動力とは?【この男、Jリーグにあり/後編】

横浜FCでの16年目のシーズンを迎えた三浦知良は、2月26日に53歳の誕生日を迎えた。「20代や30代のころとは明らかに基礎体力やパワーも衰えている」と認める一方で、ここまでのキャリアを積み重ねてこられる理由が確かに存在する。(取材・文:藤江直人)

20200214_JKC_miurakazu_kato

キングカズ、35年目の新境地。「サッカーが変わっていく」なかで生き抜く三浦知良の適応力とは?【この男、Jリーグにあり/前編】

13年ぶりの明治安田生命J1リーグを戦う横浜FCの中で、前回のJ1を経験しているのは53歳となった三浦知良しかいない。ブラジルでプロ契約を結んでから今年で35年目を迎えるレジェンドは、下平隆宏監督が指揮を執る昨季途中からトップ下でプレーすることが増えている。新たなポジションへ適応していく姿は、ブラジルから帰国した30年前と重なるものがある。(取材・文:藤江直人)

0310Iniesta_getty

ヴィッセル神戸、イニエスタが寂しさを募らせた理由。「非常に少ないじゃないか」と感じたのは…【この男、Jリーグにあり/後編】

元日の天皇杯決勝を制したヴィッセル神戸は、新型コロナウイルスの影響により中断されるまでに4試合を戦っている。36歳の誕生日を5月に控えるアンドレス・イニエスタも、4試合すべてに先発して3アシストをマークするなど、全盛期をほうふつとさせるパフォーマンスを見せている。しかし、自ら「大きな目標」と語っていたAFCチャンピオンズリーグでは、寂しい思いを募らせたという。(取材・文:藤江直人)

20200214_JKC_iniesta2_kato

イニエスタが感じるヴィッセル神戸の「分岐点」。生まれ変わったチームで抱く充実感とは?【この男、Jリーグにあり/前編】

バルセロナとスペイン代表で数多くの栄光を勝ち取ってきたアンドレス・イニエスタは、ロシアワールドカップを終えた2018年夏にヴィッセル神戸にやってきた。神戸での1年半は度重なる監督交代をはじめ、決して順風満帆とはいかなかったが、トルステン・フィンク監督の下で昨季は天皇杯制覇を達成した。さらなる高みを目指すクラブをけん引するイニエスタは、「重要な分岐点になると感じている」という。(取材・文:藤江直人)

20170609_japan_getty

日本代表歴代ユニフォーム一覧【1992年~現在】

数々の名手たちがまとってきた日本代表の青い戦闘服。そこには物語があり、歴史がある。もちろんデザインや機能も時代に合わせて変化してきた。ファンにとって思い出深いユニフォームも当然あるだろう。W杯出場をまさかの形で逃したあの日、アジアを制したあの日、そして現在…ユニフォームは常に彼らがたどってきた歴史とともにある。

0828kazu_shunsuke_getty

三浦知良、中村俊輔らが躍動するホープに与える影響。「いつも近くにいるから」、横浜FCに脈打つ正のスパイラル

明治安田生命J2リーグ第29節、横浜FC対鹿児島ユナイテッドが24日に行われ、5-1で横浜FCが勝利を収めた。4位まで順位をあげた横浜FCは、この試合の平均年齢が31.55歳。他チームを大きく上回る数字だが、その中で両サイドでは20代前半の選手が活躍している。若手の成長の裏には、三浦知良、中村俊輔ら百戦錬磨のベテランたちの存在があった。(取材・文:藤江直人)

新着記事

↑top