富士ゼロックススーパーカップ

レアンドロ・ダミアン

レアンドロ・ダミアンが王者・川崎Fにもたらすもの。デビュー戦で証明した価値、ポテンシャルは半端ない

また1人、Jリーグに大物ストライカーがやってきた。2連覇中の王者・川崎フロンターレに加入したレアンドロ・ダミアンである。29歳の元ブラジル代表FWはデビュー戦でさっそく決勝点を奪い、新天地で初タイトルを獲得。近年の低迷を払拭し、完全復活となるか。そして、J1王者にどんなものをもたらすのだろうか。(取材・文:舩木渉)

飯田淳平主審(左)とG大阪の丹羽大輝(右)

ハンド判定を“ミス”と認めた審判委員会の意図。オープンな議論がもたらすリスペクトの姿勢

J1王者・サンフレッチェ広島と天皇杯覇者・ガンバ大阪が対峙した、2016年シーズンの到来を告げる前哨戦・富士ゼロックススーパーカップで、後半10分にサンフレッチェが獲得したPKが大きな物議を醸した。リーグ戦の開幕が目前に迫った段階で、日本サッカー協会の上川徹審判委員長は件の判定が「ミス」であることを認めている。その意図はどこにあるのか。

ゼロックス・スーパーカップでいきなりゴールを決めたピーター・ウタカ

【英国人の視点】成熟度の違いを見せつけた広島。起爆剤ウタカの加入でさらなる高みへ

2月20日に開催されたゼロックス・スーパーカップで、昨シーズンのJ1王者サンフレッチェ広島が、ガンバ大阪を相手に完成度の違いを見せつけた。ドウグラス放出で攻撃力低下を懸念する向きもあったが、新加入のウタカもゴールを奪い、シーズン開幕に向けて期待は高まるばかりだ。

新着記事

FChan TV

↑top