工藤壮人

180409_hiroshima_getty

広島が復活を遂げた要因。首位快走の原動力、共有する理想と現実のバランス

4月8日、J1第6節が行われ、サンフレッチェ広島は柏レイソルに1-0で勝利した。開幕6戦負けなしで首位をキープ。この試合でもハードワークをベースに最後まで戦い抜いた。さらに攻撃では効果的な崩しも披露。城福浩監督の下、勝ち点を積み上げる広島は、試合を重ねるごとに進化している。彼らの『ゴール』は、まだ先にある。(取材・文:青木務)

180402_kudo_getty

広島・城福監督が称賛した工藤壮人。ノーゴールの「背番号9」が果たした大きな役割

昨シーズンはJ1残留争いを強いられたサンフレッチェ広島が、名門復活の狼煙をあげつつある。3月31日に等々力陸上競技場で行われた、王者・川崎フロンターレとの明治安田生命J1リーグ第5節を、早くも3度目となる「ウノゼロ」勝利で制して首位に浮上した。今シーズンから指揮を執る城福浩監督(57)が殊勲者として称賛したのは、初めて先発に指名したFW工藤壮人(27)。無得点のまま59分にベンチへ退いたストライカーが演じた大仕事と、試合後に抱いた心境を追った。(取材・文:藤江直人)

森保一

【英国人の視点】広島、ついに掴んだ今季初白星。2大エースの退団、過渡期に直面する“生みの苦しみ”

サンフレッチェ広島はクラブ史上初めて開幕から5試合勝利なしで、降格圏に沈んでいる。ピーター・ウタカと佐藤寿人の退団が響いたのか。期待の新戦力は軒並み結果を残せず苦しんでいる。ガンバ大阪戦で今季初勝利を挙げた元王者は、復権に向けて次のステップへ進もうともがいている。(取材・文:ショーン・キャロル)

eyecatch

J1新加入期待の11人。3年連続得点王のFW、現役日本代表MFなど大物選手が大移動【編集部フォーカス】

Jリーグでは、今シーズンも多くの選手が新天地を活躍の舞台に選んだ。その中には現役日本代表選手もいれば、3年連続でJリーグ得点王に輝いた選手もいる。今回は、新しいクラブでの活躍が期待される11人の選手をフットボールチャンネル編集部がピックアップした。

ウタカ

広島、森保体制6年目で新たなサイクルへ。ウタカの去就不透明で1トップ陣容に不安も【2017補強診断】

フットボールチャンネル編集部では、Jリーグ開幕に向けて各J1クラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は、昨季のリーグ戦を年間勝ち点6位で終えたサンフレッチェ広島を占う。

新着記事

↑top