長澤和輝

1027Nagasawa_getty

浦和レッズは前進している。改革元年の成果を検証、目を引くセンターラインの役割【週刊J批評】

明治安田生命J1リーグ、浦和レッズ対セレッソ大阪が24日に行われ、浦和が3-1で逆転勝利を収めている。強化体制を一新した浦和にとって今季は3年計画の元年に当たるが、最近の好調の理由はどこにあるのだろうか。(文:河治良幸)

1225Urawa_getty

浦和レッズ、クラブ史に残る低迷の原因は…。期待外れの大型補強、監督交代も効果なし【2019年Jリーグ通信簿】

今シーズンのJ1リーグも全日程が終了した。この1年を振り返り、各クラブはどのようなシーズンを過ごしたのだろうか。今回は、14位の浦和レッズの今季を振り返る。(文:編集部)

1029urawareds_getty

浦和レッズは“ジキルとハイド”。ACL王者がJ2降格なら前代未聞…苦戦の理由は「分からない」【英国人の視点】

AFCチャンピオンズリーグ準決勝第2戦、広州恒大対浦和レッズが23日に行われ、浦和レッズが勝利を収めた。決勝進出を決めた浦和レッズだが、明治安田生命J1リーグでは入れ替え戦に進む16位との勝ち点差はわずか4と苦しむ。Jリーグとアジアで対照的な戦いを見せる浦和レッズだが、「選手たちもあまりはっきりは分かっていません」とある選手は語っている。(取材・文:ショーン・キャロル)

0601j%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b0

J1、J2、J3今節の見どころは? 初選出の日本代表を擁する上位対決。監督解任に揺れる浦和はどうなる?【編集部フォーカス】

明治安田生命Jリーグは今週末、J1第13節、J2第16節、J3第10節を迎える。U-20ワールドカップ2019、トゥーロン国際大会2019で代表選手が離脱する中、今節はどのような対戦カードが組まれているのか。注目試合や選手、見どころをピックアップした。

高校サッカー フォーカス

ハリルJに名を連ねる高校サッカー出身者。選手権経由でA代表入りの選手たち【編集部フォーカス】

全国高等学校サッカー選手権大会が30日に開幕する。同大会を経由して日本代表に選出された選手も少なくない。そこで今回、フットボールチャンネル編集部では2017年のハリルジャパン招集メンバーの中から、『選手権』出場経験のある10名をピックアップした。

ベルギー戦に臨んだ日本代表のスターティングイレブン

【西部の目】ハリルJ、ベルギー相手にメドがついた守備。W杯GL突破へ、必要になる創造力

現地時間11月14日、欧州遠征を実施している日本代表はベルギー代表とアウェイで対戦し0-1で敗れた。ブラジル戦では通用しなかった守備がこの試合では機能。後半途中まで無失点と拮抗した試合となった。W杯本大会に向け、ベルギーを相手に守備のメドが経ったのは収穫であるが、グループリーグ突破のためには得点力も必要になる。攻守のバランスは今後どうなっていくだろうか。(文:西部謙司)

11月の欧州遠征は招集外となった香川真司

香川に試練。MF長澤和輝の台頭でハリルJでの立場さらに厳しく

日本代表は11月にフランス、ベルギーで強豪ブラジル、ベルギーと連戦。2試合とも敗れたが、収穫もあった。その1つが長澤和輝だ。ベルギー戦で初先発するとハリルホジッチ監督を納得させるパフォーマンス。中盤での序列を一気に覆し、逆にメンバー落ちした香川真司は立場が危うくなった。(取材・文:植田路生【ブルージュ】)

日本代表

ベルギー戦、隙を突かれて敗戦。最大の収穫は長澤【どこよりも早い採点】

11月15日、日本対ベルギーの一戦が行われ0-1で敗戦。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

日本代表

ブラジル戦、1点は返すも王国相手に為す術なし【どこよりも早い採点】

11月10日、日本対ブラジルの一戦が行われ1-3で敗れた。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

ハリルホジッチ

【英国人の視点】ハリルJが模索する新オプション。ブラジル、ベルギー相手に問うべき真価

11月10日にブラジル戦、14日にベルギー戦を迎える日本代表。来年のW杯を見据えた強豪との対戦となる今回の欧州遠征だが、ハリルホジッチ監督は本田、香川、岡崎らこれまで日本を牽引してきたメンバーを招集外にするという決断を下した。代わりに浦和レッズから長澤和輝が初招集となり、同じく浦和の興梠慎三とベルギーで活躍する森岡亮太が代表復帰。ロシアW杯へ向けチームのオプションを増やせるだろうか。(取材・文:ショーン・キャロル/翻訳:フットボールチャンネル編集部)

新着記事

↑top