Jリーグ移籍まとめ(2)。新天地を求めた選手を随時紹介、今回はこの5人

Jリーグを応援するサポーターにとって、シーズンオフは一喜一憂する日々が続く。来る2021年シーズンに向け、選手の退団や加入が連日のように発表されている。フットボールチャンネルでは、新天地で新たなシーズンを迎える注目選手を複数回にわたって紹介していく。

2021年01月06日(Wed)6時10分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

正確な左足

01056Shimoda_getty
【写真:Getty Images】

MF:下田北斗(しもだ・ほくと)
生年月日:1991年11月7日(29歳)
2020リーグ戦成績:14試合出場/0得点
所属クラブ:川崎フロンターレ→大分トリニータ


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 中盤でのプレーを得意とする下田北斗は、左足から繰り出される正確なキックで攻撃を司る。プレースキッカーを務めることも多く、ミドルレンジからの強烈なシュートも武器の一つである。

 専修大学では長澤和輝と同期で、関東大学1部リーグで3連覇達成に貢献するとともに、自身も4年時にMVPを獲得。卒業後はヴァンフォーレ甲府と湘南ベルマーレで2年ずつプレーしている。

 川崎フロンターレには18年に加入した。昨季は中盤に怪我人が続出したこともあり、夏場から初秋にかけてレギュラーとして起用されたが、今季の先発出場は5試合に留まっていた。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top