横浜F・マリノス

2014J1 7月ベストイレブン

2014J1 7月ベストイレブン

FootballLABが選ぶ7月のJ1のベストイレブンは下図の通りとなりました。

J1リーグ前半戦終了時点。「試合日程」を上手く活かした浦和が首位に

J1リーグ前半戦終了時点。「試合日程」を上手く活かした浦和が首位に

J1リーグの前半戦が終了した。前半戦を首位で折り返したのは、浦和レッズ。2位・サガン鳥栖との勝ち点差はわずか2だが、好調の要因となっているのがリーグ最少となる失点数10。前節第17節鹿島戦で失点するまでJ1記録となる7試合連続無失点を達成するなど堅守が光った。

遠藤と中澤がJ1通算450試合達成。500試合達成を目前にしているJ2リーガーも

遠藤と中澤がJ1通算450試合達成。500試合達成を目前にしているJ2リーガーも

J1リーグ再開となった第15節で二人のベテランが偉大な記録を達成した。ガンバ大阪の遠藤保仁と横浜F・マリノスの中澤佑二の二人が、J1通算450試合出場を同時に達成したのである。

【J1第14節プレビュー】中断前最後のJ1。鳥栖は首位キープなるか

【J1第14節プレビュー】中断前最後のJ1。鳥栖は首位キープなるか

5月12日にW杯に向けた日本代表メンバーが発表された。国内組から選ばれたのは11人。大久保がサプライズ選出されたこともあり、Jリーグへの関心は日に日に高まっている。今節を終えると、W杯のためにJ1は約2ヵ月の中断期間に突入。鳥栖が首位を守れるか、大久保は景気付けに得点を挙げられるかなど、注目点が満載だ。

W杯日本代表発表に、悲喜こもごもの反応を示した芸能人たち。栗原への底知れぬ愛情を示したのは?

W杯日本代表発表に、悲喜こもごもの反応を示した芸能人たち。栗原への底知れぬ愛情を示したのは?

12日、ザッケローニ監督から発表されたブラジルW杯を戦う日本代表メンバー23人大久保嘉人のサプライズ選出に大いに沸いた日本中を巻き込む出来事だけあって、さまざまな分野から話題になっているようだ。

【J1第13節プレビュー】日替わり首位。今節その座に就くのは

【J1第13節プレビュー】日替わり首位。今節その座に就くのは

4月26日の9節から始まった大型連休の5連戦。4試合を消化し、優勝争いはさらに複雑化している。11日間で首位が入れ替わること3回。今節も数字上は5位の新潟まで浮上のチャンスがある。連戦のラストを先頭で駆け抜けるチームはどこか。また、今節はW杯に向けた日本代表メンバー発表前の最後のリーグ戦でもある。

【検証】移籍金ビジネス。代理人に聞く、Jクラブが選手の“売って”儲ける方法

【検証】移籍金ビジネス。代理人に聞く、Jクラブが選手の“売って”儲ける方法

契約満了の選手が移籍する際には移籍金が発生しないFIFAルールがJリーグでも2009年から採用されている。導入から5年目となる今日、Jクラブはこのルールにどのように対応しているのか。多数の選手のエージェントを務める稲川朝弘氏へインタビューを敢行した。

【J1第9節プレビュー】止まらない神戸。首位で5連戦に突入

【J1第9節プレビュー】止まらない神戸。首位で5連戦に突入

リーグ序盤でダークホースとなっているのは神戸。12年は最終節で王者広島に敗れ、降格の屈辱を味わったが、今季は8節終了時点でその広島を抑えて単独首位に立っている。今節はリーグ戦5連勝を懸け、本拠地でC大阪と対戦。同勝点で2位の広島は、鹿島とのホームゲームで首位への再浮上を目指す。

アジア制覇への道。クラブ史上初決勝ラウンド進出の広島含め4チーム中3チームが予選突破!

アジア制覇への道。クラブ史上初決勝ラウンド進出の広島含め4チーム中3チームが予選突破!

ACLのグループステージ第6節が、22日と23日に行われた。勝てば突破が決まる最終節で、日本勢の3チームがグループステージ突破に成功。決勝ラウンド16に駒を進めた。

ACL、Jリーグ勢の決勝トーナメントの可能性を読む

ACL、Jリーグ勢の決勝トーナメントの可能性を読む

ACLのグループステージも第6節。いよいよ最終節を迎える。2位以内がラウンド16に進出できるが、日本勢の4チームはいずれも勝てば突破が決まるという、わかりやすい条件だ。

ACL、日本勢はグループリーグ最終戦に望みをつなぐ

ACL、日本勢はグループリーグ最終戦に望みをつなぐ

ACLのグループリーグ第5節が、15日と16日に行われた。日本勢は苦戦しながらも、4チーム全てが最終戦に望みをつなぐことに成功した。

アジア制覇への道。Jリーグ勢はグループ突破なるか、先陣を切る神奈川2クラブに注目

アジア制覇への道。Jリーグ勢はグループ突破なるか、先陣を切る神奈川2クラブに注目

ACLのグループリーグは、今節含め残り2試合となった。15日(火)には横浜F・マリノスがホームで韓国の全北現代と、川崎フロンターレがアウェイで中国の貴州人和と対戦。16日(水)にはセレッソ大阪がホームで韓国の浦項と、サンフレッチェ広島がアウェイで中国の北京国安とそれぞれ対戦する。

「身長:7センチ」、「体重:450グラム」。横浜FMの兵藤選手は小さいおっさんだった!

「身長:7センチ」、「体重:450グラム」。横浜FMの兵藤選手は小さいおっさんだった!

4月1日といえばエイプリルフール。嘘をついてもよいということで、この日はネット上でも様々な嘘が溢れていた。そんな中、サッカー界で「マリノスがまたやった!」と話題になっていた。

【J1第6節プレビュー】リーグ戦2年ぶりとなる名門対決のゆくえは

【J1第6節プレビュー】リーグ戦2年ぶりとなる名門対決のゆくえは

リーグ戦も5試合を消化し、上位と下位の差は徐々に開き始めた。浮上のキッカケをつかもうとするチームがいる中で、首位を快走しているのは若手の台頭著しい鹿島。今節は数々の名勝負を繰り広げたG大阪と対戦する。敵地でライバルを退け、勢いに弾みをつけられるか。

【J1第5節プレビュー】堅守の横浜FMと鹿島による上位対決

【J1第5節プレビュー】堅守の横浜FMと鹿島による上位対決

開幕3連勝の鹿島と横浜FMが4節にそろって完封負けを喫し、無敗のチームが早くも消滅。今季も混戦を予感させるJ1の5節は、3月28日と29日に開催される。注目カードは、横浜FMが日産スに鹿島を迎えてのホームゲーム。両者にとって仕切り直しの一戦が、そのまま首位攻防戦となる。

新着記事

↑top