【コロンビア密着!】日本に付け入る隙はあるか? 要警戒の3選手とは?

運命の一戦が迫ってきた。難敵コロンビアに日本はどう立ち向かうべきなのか? 好選手が揃うチームだが、特に警戒すべき選手がいる。コロンビアに密着した記者が分析する。

2014年06月24日(Tue)14時16分配信

text by 清水英斗 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

コロンビアは消化試合にはしてこない

 現地時間24日、日本代表はブラジルW杯グループリーグ第3戦のコロンビア戦に臨む。

【コロンビア密着!】日本に付け入る隙はあるか? 要警戒の3選手とは?
今野泰幸【写真:Getty Images】

 コロンビアは初戦でギリシャに3-0、第2戦でコートジボワールに2-1と、すでに2連勝でグループリーグ突破を決めている。間違いなく手強い相手だが、日本が決勝ラウンドに進むためには、このチームから勝ち点3を奪うことが最低条件となる。

 23日、試合前日のトレーニングを終えたDF今野泰幸は、コロンビアについて次のように語った。

「難しい相手ですよね。組織がしっかりしているし、守備もがんばるし、攻撃になったときのバリエーションも豊富。個性もそろっている。何より、南米のチームというのはあまり(対戦相手として)好きじゃない。激しくタックルして削るところは削るし、危なくなったら迷わずクリアしてくる。ずる賢く試合に勝つというか、一人ひとりがサッカーを知っている感じがある」

 また、前日の記者会見では、コロンビアのホセ・ペケルマン監督がチームの哲学を語った。

「コロンビアはすべての試合に勝たなければならない。対戦相手は常に尊敬するが、コロンビアは、常に勝ちたいと思ってまとまっているチームだ。成長するためには、まとまりが必要で、これまでの試合でもそれが必要だった。同じ体勢をこれからも続けたい」

 すでに決勝ラウンド進出を決めているコロンビアだが、このチームを象徴する『勝者のメンタリティー』を継続するために、消化試合に近い日本戦であっても、勝ち点3を貪欲に目指すのは間違いない。

 日本代表はどうすれば、この素晴らしい南米のチームから勝ち点3を奪うことができるのだろうか?

1 2 3 4

新着記事

↑top