“因縁”のフランス対ドイツ。フランス人の記憶に残る82年大会の暗い過去。若きレ・ブルーはトラウマ克服なるか

日本時間5日午前1時にキックオフとなるフランス対ドイツ。フランスにとって、ドイツとのW杯の対戦は“因縁”をもって伝えられている。1982年スペイン大会で起こった暗い過去とは? 

2014年07月04日(Fri)14時35分配信

text by 小川由紀子 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

バティストンが意識を失う重傷も、主審が見過す

 W杯での対ドイツ戦。フランスにとって、これには特別な意味がある。

“因縁”のフランス対ドイツ。フランス人の記憶に残る82年大会の暗い過去。若きレ・ブルーはトラウマ克服なるか
ディディエ・デシャン監督【写真:Getty Images】

 往年のサッカーファンの心の中で、98年大会の優勝に次いで深い印象を残している試合、それが1982年大会の準決勝だ。アラン・ジレスやミシェル・プラティニを擁する黄金時代で挑んだこの大会では、優勝の期待もかかっていた。

 順当に準決勝に進んだ彼らは、そこでドイツと対戦。90分を1-1で終えると、延長戦では早々に2点をとって、フランスが3-1とリードを奪った。ところが試合終了間際に2失点を喫してPK戦へ。その結果、5-4で敗れたのだった。

 屈辱の逆転負け。さらに、DFパトリック・バティストンがドイツのGKシューマッハと空中で接触。倒れて意識を失い、前歯を2本折るという重傷を負ったにもかかわらず、主審がファウルすらとらずに見過ごされた。

 この一件が黒い影となり、『82年の準決勝、対ドイツ戦』はフランスサッカー界の暗い過去とされている。しかも、次回4年後のメキシコ大会で両者は再び準決勝で顔を合わせ、またしてもフランスが敗れているのだ。

 以来W杯で両者の対戦はなく、今回が28年ぶりの“リベンジマッチ”ということで、ラウンド16でナイジェリアを倒し、準々決勝の対戦相手がドイツとわかった瞬間から、メディアは一斉に『因縁の対決!』の話題で持ち切りとなった。

 デシャン監督は、試合前日の会見で「選手自身の間には、リベンジしなくてはなどというプレッシャーはない。我々は新たなページを作るだけだ」と熱冷ましに動いた。

1 2 3 4

新着記事

↑top