レッズの守護神・西川周作選手の軌跡をたどる。小学生から始めたゴールキーパーと自分

2014年11月20日(Thu)15時00分配信

text by 元川悦子 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

打倒トリニータからプロを目指す

――そして3年生になって、うまくリベンジを果たすことができたのですか?

「はい。中3のクラブユース大分予選で、トリニータに引き分けて、カティオーラに勝ったんです。

 この大会は総当たり制で、先にトリニータとやって2対2で終わって勢いがついた。その流れでカティオーラに挑みました。

 試合の入りがよくて、前半のうちに先制したんです。でも後半に追い付かれてあと10分というところで味方が決めた。

 そこから相手は物凄いパワープレーを仕掛けてきたけど、何とか守り抜いた感じです。終了の笛が鳴った瞬間、『勝った~』と思ったのをよく覚えています。

 だって0対7、0対8で負けていた相手ですからね。これまでのサッカー人生の中でトップ10の中に入るほど嬉しかった試合です。達成感はすごくありました」

――その試合を親御さんも見ていたんですか?

「はい。『よかったね』と一緒になって喜んでくれました。お母さんも働いていたんで忙しかったと思うけど、時間をやりくりしてお弁当を作ってくれて、泥だらけの練習着やユニフォームを洗ってくれました。

 今の子は人工芝で練習するケースが多いから、そこまで泥だらけにはならないかもしれないけど、僕の親はドロドロの服を見ても文句を言いませんでした。そういう環境を作ってくれたことに感謝したいです」

――大分トリニータU-18に入ることになるのも、この活躍がきっかけだったんですか?

「それはあったと思います。ユースの監督だった皇甫官(現大韓サッカー協会技術委員長)さんと吉坂(圭介=現U-18GKコーチ)が来てくれて『トリニータに来ないか』と誘ってくれました。それで突然、目の前が開けた感じです。

 僕は中学から高校に上がるときに初めてプロを意識しましたね。プロになりたいならどこに入ればいいのかなと思って、高校サッカーの強豪の国見や東福岡、地元・宇佐の柳ヶ浦とかも考えたんですけど、ユースに入ればトップチームに練習参加できる可能性もあると聞いて、『これだ』と思いました」

1 2 3 4 5 6

新着記事

FChan TV

↑top