大迫勇也
日本代表の大迫勇也【写真:Getty Images】

【日本 2-1 サウジアラビア 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 11月15日に2018年ロシアW杯アジア最終予選が行われ、日本代表はサウジアラビア代表と対戦し2-1の勝利をおさめた。この試合で大迫勇也は先発出場を果たしている。

 大迫はサウジアラビア戦での得点こそなかったものの、前線で体を張り攻撃で存在感を発揮していた。ただ、大迫自身は「点数取りたかったんですけど、なかなか点取ることができずにいたので、その分他のプレーでチームを助けようと思いました。最低限のプレーをしただけなので、やっぱり点が取りたかったですね」と語り、得点を奪えなかった悔しさを漏らした。

 続けて「若い僕らがもっとやらないといけないと思うし、これからさらに個人の能力を上げて、もっともっと強い日本代表を作りたいです」と、今後に向けた意気込みを語っている。

 最後に「やっと振り出しに戻った感じなので、まず首位に立ってしっかりと予選突破してW杯に行きたいと思います」とコメントし、グループ首位に向けて勝ち点を積み重ねていく覚悟を示した。

 日本はサウジアラビアとの大一番を制したことで勝ち点を10にのばした。次の試合は来年3月になるが、気を引き締めてUAE戦に挑みたいところだ。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top