どんな時も全力疾走のサムライFW

坂田大輔
今季30試合以上に出場していた坂田大輔も契約満了に…【写真:Getty Images】

FW:坂田大輔(アビスパ福岡)

2017年度リーグ戦成績:31試合出場1得点(J2)
Jリーグ通算成績:458試合出場77得点(J1:271試合、J2:187試合)

 34歳になっても坂田大輔の献身的なランニングとゴールへの貪欲さは失われていない。今季は主に途中出場ながら、流れを変えるための重要な駒として井原正巳監督に重用されていた。アビスパ福岡では前線の幅広いポジションでプレーし、持ち前の運動量やスピードを生かしてピッチを駆け回った。

 海外でのプレー経験もあり、日本がベスト8に入った2003年のワールドユースではスーパーサブながら4得点を挙げてブラジルのドゥドゥ・セアレンテ、アルゼンチンのフェルナンド・カベナギとともに得点王に輝いた実績も持つ。ベテランになっても負傷離脱は少なく健康体を保っており、あふれる闘志はとどまることを知らない。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

FChan TV

↑top