日本代表、最低の試合はベスト8への布石。先発変更・時間つぶしに見えた勝負師・西野朗の真髄【ロシアW杯】

日本代表はロシアワールドカップでポーランド代表に敗れた。だが、セネガルもコロンビアに敗れたことでギリギリ決勝トーナメント進出が決まった。ポーランド戦では多くの時間をつぶし、極めてつまらない試合をした。大ブーイングを浴びた試合展開には、西野朗監督なりのプランがあった。(取材・文:植田路生【ヴォルゴグラード】)

2018年06月29日(Fri)11時40分配信

text by 植田路生 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

ボール回しで時間を潰す。つまらない試合だが…

日本代表
日本代表はフェアプレーポイントによりグループ2位に【写真:Getty Images】

 史上最悪、世紀の凡戦と言っていい試合だった。

 6月28日、ロシアワールドカップ・グループリーグ最終戦。日本代表はポーランド代表に0-1で敗れた。引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる試合で、セットプレーからあっさりと失点。これまでの2戦の躍動感はまるでなかった。

 裏で行われていたコロンビア対セネガルは1-0でコロンビアが勝利。得失点差などでセネガルと日本は並んだが、イエローカードの数が日本の方が少なく、フェアプレーポイントにより日本が2位となった。

 コロンビア先制の情報が入ると、西野ジャパンは試合を殺した。後ろでボールを回して時間を潰し、攻撃のスイッチを入れることはなかった。同点に追いつくよりも失点を防ぐことを優先。ポーランドもそれに付き合い、ボールを奪いに来なかった。試合後、ナバウカ監督は「1-0で十分だった」と素直に語った。

 この試合単体で見ると、ポーランド戦は実につまらない。前半からリスクを減らして淡々と試合を進め、失点してからも追いつく気迫を見せない。会場からの大ブーイングも当然だった。

 だが、単体で見ると最低な試合も、大枠で見ると違うものが見えてくる。西野朗監督は極めて大胆かつ恐ろしい勝負を仕掛けてきた。ベスト16進出を得るためのなりふり構わぬ試合運びではない。

 誰しもがベスト16を見据えていたこの試合で、勝負師・西野だけは違う場所を見ていた。彼はベスト8を見ていたのである。

1 2 3 4

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top