日本代表メンバーに推薦したい5人のJリーガー。E-1サッカー選手権で見てみたい実力者たち【編集部フォーカス】

2019年12月04日(Wed)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

C大阪で躍動するMF

奥埜博亮
セレッソ大阪の奥埜博亮【写真:Getty Images】

MF:奥埜博亮(おくの・ひろあき/セレッソ大阪)
生年月日:1989年8月14日(30歳)
身長・体重/171cm・68kg
今季リーグ戦成績:31試合出場/6得点2アシスト

 下部組織時代を含め長く在籍したベガルタ仙台を離れ、今季よりセレッソ大阪でプレーする30歳のMF。ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の下、加入1年目ながら主力の座に定着した奥埜博亮は今季リーグ戦ここまで31試合に出場しており、6得点2アシストの成績を収めている。セレッソ大阪は第33節を終えた時点で5位と高順位につけているが、奥埜はその立役者だと言えるだろう。

 ボランチからセンターフォワードまで幅広いポジションをこなすことができる奥埜。C大阪でも今季は様々な場所で起用されているなど、柔軟性は同選手が持つ武器の一つだ。足下の技術もしっかりしており、プレスを受けても簡単にボールを失うことが少ない。味方を生かすことができ、味方に生かされることができる選手である。また、守備時には的確なボール奪取でチームを助けることが可能。ピッチ内で果たす役割は、非常に幅広いと言える。

 奥埜は現在30歳。年齢的には決して若いとは言えないが、今季の活躍ぶりからしても日本代表選出はあり得ない話ではない。Jリーグでのプレー経験豊富なMFは、森保ジャパンの中でも躍動する姿を見せることができるか。

【次ページ】常勝軍団のDF

1 2 3 4 5

新着記事

↑top