J1、J2、J3今節の見どころは? 6連勝セレッソと5連勝アントラーズが激突。昇格へ負けられない上位対決を制するのは?

2020年09月19日(Sat)13時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

湘南ベルマーレ対清水エスパルス

0919ShonanShimizu
湘南ベルマーレ対清水エスパルス

注目カード(明治安田生命J1リーグ)
湘南ベルマーレ対清水エスパルス 9月19日 18:30

注目選手
MF:金子大毅(湘南)
DF:岡崎慎(清水)


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 湘南ベルマーレ対清水エスパルスは17位と18位の対決だが、両者の状況は大きく異なっている。

 連敗を6で止めた湘南は今月に入って無敗が続いている。神戸戦、大分トリニータ戦と続けてリードを守り切ることができなかったが、ガンバ大阪戦では1点を守り切った。得失点差で清水を上回り、最下位脱出に成功している。

 ビルドアップやトランジションは開幕時に比べれば大きく改善されており、選手たちも手ごたえをつかんでいるだろう。その中でも、アンカーでプレーする金子大毅は、浮嶋敏監督が目指すサッカーのキーマンになっている。

 金子は中盤の底でビルドアップに加わり、守備では広大なスペースをカバーしている。優れたボール奪取能力でカウンターの起点になるだけでなく、G大阪戦のアシストのように鋭いパスでチャンスを演出する。チームの中で替えが利かない存在になっているだけに、この試合でもチームを今季初の連勝に導く活躍が期待される。

 対する清水はJ1通算400勝に王手をかけてから実に8試合を消化した。7試合で23失点と守備の崩壊が結果に大きく響いている。

 前節では4-3-3から3-4-2-1に変更したが、先制された直後に立田悠悟が退場となり、ゲームプランが狂ってしまった。7連敗はクラブワーストで、2試合消化が少ない湘南を得失点差で下回っている。

 清水が3バックを継続するか、4バックに戻すかは分からないが、立田が不在の最終ラインには岡崎慎の起用が考えられる。鹿島戦では自身のパスがカットされたところから先制点を許してしまったが、同い年の立田が出場停止となって生まれるチャンスをものにしたい。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top