英国人が見たカメルーン戦。久保建英は「才能あり過ぎる!」、冨安健洋は「イタリアのDFっぽい!」

日本代表は現地時間9日、カメルーン代表との親善試合を戦い、0-0のスコアレスドローに終わっている。この試合中、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)

2020年10月10日(Sat)0時41分配信

シリーズ:英国人が見た○○戦
text by 編集部 photo JFA
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

「どれくらい成長しているか楽しみ」

20201009_daihyo_jfa
【写真:日本サッカー協会】

――今日はおよそ1年ぶりの代表戦になります。先発メンバーはこれまでと大きくは変りませんが、中盤には中山雄太が起用されました。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


「普段は欧州サッカーより、Jリーグを中心に見ているので、中山のプレーは久しぶりです! どれくらい成長しているのか楽しみです」

――久保建英はベンチスタートですね。

「もちろん見たいですが、残念ながらビジャレアルでもスタメンじゃないので」

「コンディションは100%じゃないかもしれないが、ベンチからでもインパクトを残せると思います」

――この試合はどこに注目しますか?

「前線の4人ですね」
※堂安律、南野拓実、原口元気、大迫勇也が先発起用

「2019年のアジアカップと同じ4人なのですが、同じように機能するのか見たいですね」

――1トップの大迫勇也はこの試合だけの参加になります。

「候補には鈴木武蔵と鎌田大地もいますね」

「2人とも日本代表ではまだ大きなアピールができていないので、次のコートジボワール代表戦で得点が欲しいね」

――今回は南野拓実が10番を背負います。

「僕はあまり誰が10番かは重視しないですね」

「意味があるのかもしれないけど、選手もそこまで考えていないかもしれない」

1 2 3 4

新着記事

↑top