U-24日本代表メンバーに推薦したい5人。絶好調のサガン鳥栖で輝くエースと高校生Jリーガーとは?

U-24日本代表は今月26日と29日にU-24アルゼンチン代表との国際親善試合を行う。A代表経験のある実力者もメンバーに入ってきそうだが、それでも東京五輪に向けて試しておきたい戦力はたくさんいる。そこで今回は、南米の強豪と対戦できる2試合に向けて、横内昭展監督に推薦したいU-24日本代表未招集の5人を紹介する。

2021年03月19日(Fri)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

鹿島をけん引する19歳

荒木遼太郎
【写真:Getty Images】

MF:荒木遼太郎(鹿島アントラーズ)
生年月日:2002年1月29日(19歳)
代表歴:U-15、U-16、U-17、U-19
2021リーグ戦成績:4試合出場/4得点4アシスト


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 東福岡高校から鹿島アントラーズに加入した昨季は、高卒1年目ながらコンスタントに起用されてJ1リーグ戦で26試合に出場。一躍ブレイクを果たし、U-20日本代表でも中心選手の1人をになっていた。

 今季は背番号をレジェンドの柳沢敦氏が着けていた「13」に変更し、J1開幕から3試合連続でゴール。10代の選手として3試合連続得点は城彰二以来だった。さらに湘南ベルマーレ戦では2得点を奪い、3-1での勝利に貢献。鹿島における存在感はどんどん大きくなっている。

 まだ線は細いが、正確な技術と豊富なアイディアを備え、ゴールに向かっていく意識が非常に高い。周囲との連係も単独突破もお手の物。2試合で昨季の得点数を超え、鹿島でも中心選手となりつつあるいま、U-24日本代表に引き上げて競争させてみたい。

【次ページ】世界クラスの守護神

1 2 3 4 5

新着記事

↑top