Jリーグ、最強の助っ人は誰だ!? 歴代外国人得点ランキング1~5位。ジュニーニョはJ1だけで3位。マルキーニョスとウェズレイの頂上対決は?

 29年目を迎えたJリーグでは、これまで様々な外国籍選手がプレーしてきた。今回は、過去に日本でプレーした外国籍選手の中から、J1で決めた得点数のランキングを紹介する。

2021年05月22日(Sat)8時00分配信

シリーズ:Jリーグ歴代外国人得点ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

5位:FC東京のレジェンド

ルーカス
【写真:Getty Images】

ルーカス(ブラジル)
生年月日:1979年1月3日
Jリーグ通算成績:268試合/90得点
在籍時期:FC東京(04-07, 11-13)、ガンバ大阪(08-10)


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 ブラジルの世代別代表を経験したルーカスは、2004年にFC東京に加入し、日本で多くのゴールを決めた。J1でのゴール数内訳は、FC東京で69得点、ガンバ大阪で21得点となっている。

 ガンバ大阪でAFCチャンピオンズリーグ制覇や天皇杯優勝を経験したルーカス。ガンバ大阪でも大きな成功に貢献したが、FC東京での活躍に触れないわけにはいかない。

 2004年、フランスで結果が出ずにいたルーカスは、FC東京加入でブレーク。コンスタントにゴールを挙げた。2011年にはアトレチコ・パラナエンセで母国復帰を果たすが、ほどなく現役引退を表明。そのタイミングで当時J2だったFC東京が再び声をかけて日本復帰が実現した。シーズン途中に加入して9ゴールを挙げたルーカスはJ1昇格に貢献。その後、2年続けてJ1で2ケタ得点を記録している。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top