東京五輪に臨むU-24日本代表は12日にキリンチャレンジカップ2021でU-24ホンジュラス代表と対戦する。ホンジュラス戦でどのようなメンバーで臨むのか。ホンジュラス戦の予想スタメンとフォーメーションを紹介する。※U-24通算成績は2017年12月以降の東京五輪世代(現U-24日本代表)のもの


GK

谷晃生
【写真:Getty Images】

谷晃生(湘南ベルマーレ)
生年月日:2000年11月22日(20歳)

A代表通算成績:出場なし

U-24通算成績:4試合0失点


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 ジャンルイジ・ブッフォンに憧れた男が東京五輪に臨む。谷晃生は高校2年時にガンバ大阪U-23でJリーグデビュー。高校生ながらJリーグの舞台を経験した谷は昨年に湘南ベルマーレに期限付き移籍し、J1の舞台で正GKとして活躍している。

 190cmの長身を活かしたダイナミックなセーブと、ハイボール処理時の守備範囲の広さには特筆すべきものがある。安定感と凄みを増すそのパフォーマンスに期待がかかる。

【次ページ】DF

1 2 3 4 5

新着記事

↑top