U-24日本代表、U-24南アフリカ代表戦予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。久保建英や堂安律の活躍に期待!大事な初戦、白星発進なるか?【東京五輪】

2021年07月22日(Thu)6時30分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

DF

酒井宏樹
【写真:Getty Images】


酒井宏樹(浦和レッズ)
生年月日:1990年4月12日(31歳)※OA
A代表通算成績:65試合1得点
U-24通算成績:4試合0得点

 酒井宏樹はU-24ホンジュラス代表戦、U-24スペイン代表戦に先発出場。圧倒的な存在感で吉田麻也とともにDF陣を牽引した。前半のみの出場で強力攻撃陣擁するスペインを0に抑え、さらには積極的なオーバーラップでチャンスも作った。

 DFラインと右サイドはいずれもA代表組が占めており、連係面での不安も少ないだろう。タイミングの良い攻め上がりと精度の高いクロス、フィジカルの強さは酒井の強みである。日本代表でも長年に渡って右サイドバックに君臨する酒井は、今夏からJリーグに復帰して浦和レッズに加入。東京五輪初戦でどんなプレーを見せてくれるか楽しみだ。

吉田麻也
【写真:Getty Images】

吉田麻也(サンプドリア / イタリア)
生年月日:1988年8月24日(32歳)※OA
A代表通算成績:107試合11得点
U-24通算成績:4試合1得点

 吉田麻也はU-24ホンジュラス代表戦で久保建英のFKからダイレクトで合わせて先制ゴールを記録。U-24スペイン代表戦は前半のみの出場だったが、スペイン攻撃陣を抑えていた。主将としてチームを引っ張り、2試合とも攻守に貢献した。代表通算107試合に出場する吉田の経験がチームにもたらす価値は計り知れない。

 オーバーエイジ(OA)として参加したロンドン五輪では主将を務め、メダル獲得まであと一歩のところまで迫った。北京五輪にも出場しており、今大会が3大会目の出場となる。サンプドリアでもCBのレギュラーを獲得。五輪やワールドカップ、オランダ、イングランド、イタリアで経験したことを今大会にぶつけてほしい。

冨安健洋
【写真:Getty Images】

冨安健洋(ボローニャ / イタリア)
生年月日:1998年11月5日(22歳)
A代表通算成績:23試合1得点
U-24通算成績:7試合0得点

 冨安健洋はU-24ホンジュラス代表戦で吉田麻也とともにCBとして先発し、フル出場を果たした。U-24スペイン代表との試合も先発出場を果たし、前半までのプレーで前半を0に抑えた。

 A代表とボローニャで欠かせない存在となった冨安は、この世代を牽引するDFの1人である。これまではこのチームでプレーする機会が少なかったが、直前の試合を見ても連係面では問題ないだろう。的確なカバーリングやボールを運ぶ技術、そして正確なキックなど、現代のDFに求められる能力を高いレベルで備えている。

旗手怜央
【写真:Getty Images】

旗手怜央(川崎フロンターレ)
生年月日:1997年11月21日(23歳)
A代表通算成績:出場なし
U-24通算成績:25試合7得点

 川崎フロンターレの一員としてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に参加していた旗手怜央は、U-24ホンジュラス戦には出場できず。東京五輪前のラストマッチとなったU-24スペイン代表選は左サイドバックで先発フル出場。もはや左サイドバックの主力に定着しつつある。ボランチやCBとしてもプレーできる中山雄太とポジションを争うことになりそうだが、左SBのファーストチョイスは旗手だろう。

 元々は攻撃的なポジションを得意とする旗手だが、川崎Fでは左サイドバックに適性を見出した。このポジションの本命が不在だったU-24日本代表でも、本大会への切符を掴んでいる。豊富な運動量や正確な技術、中央でもプレーできる器用さなどは旗手の魅力。海外組が多いDF陣の中で国際経験は劣るが、クラブでのパフォーマンスを発揮できればチームを助けることができるだろう。初戦の入りに注目したい。

【次ページ】MF

1 2 3 4 5

新着記事

↑top