U-24日本代表、U-24南アフリカ代表戦予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。久保建英や堂安律の活躍に期待!大事な初戦、白星発進なるか?【東京五輪】

2021年07月22日(Thu)6時30分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

WG&FW

堂安律
【写真:Getty Images】


堂安律(PSV / オランダ)
生年月日:1998年6月16日(23歳)
A代表通算成績:20試合3得点
U-24通算成績:5試合5得点

 堂安律はU-24ホンジュラス代表戦で圧巻の2ゴールを記録。続くU-24スペイン代表戦では久保建英のマイナスのボールにダイレクトで合わせゴールを記録。金メダル候補スペインからゴールを決め、調子を維持している。このチームには欠かせない選手だろう。

 右サイドが主戦場となる堂安だが、トップ下などでもプレーできる。得意のドリブルからのカットインは持ち味で、利き足の左足で強烈なシュートを放つことができる。それだけでなく、抜群のテクニックから繰り出されるパスも武器だ。PSVでは来季レギュラーとしてプレーできるかどうかは不透明。この東京五輪で自らの価値を証明したいところだ。

相馬勇紀
【写真:Getty Images】

相馬勇紀(名古屋グランパス)
生年月日:1997年2月25日(24歳)
A代表通算成績:3試合0得点
U-24通算成績:12試合3得点

 相馬勇紀はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)から合流後すぐのU-24ホンジュラス代表戦に途中出場。堂安律の2ゴール目をアシストし、途中出場ながら結果を残した。続くU-24スペイン代表戦でスタメン出場し、積極的なサイド突破を見せるなど存在感を発揮した。

 相馬は層の厚い名古屋グランパスで左サイドの主力に定着している。東京五輪では三笘薫とポジションを争うことになる。その三笘は直近の2試合を欠場し、コンディションも不安が残るため、相馬がスタメンに起用されそうだ。

上田綺世
【写真:Getty Images】

上田綺世(鹿島アントラーズ)
生年月日:1998年8月28日(22歳)
東京五輪世代通算成績:29試合17得点
A代表通算成績:7試合0得点

 エースとしての活躍に期待がかかる上田綺世だが、肉離れによりU-24ホンジュラス代表戦を欠場。続くUー24スペイン代表戦では途中出場で復帰となったが、復帰したばかりでコンディションに不安が残る。しかしFWのファーストチョイスであることには変わりはなく、本大会ではゴールという結果が欲しいところ。

 6月に行われたU-24ガーナ代表とジャマイカ代表戦でともにゴールを記録。ジャマイカ戦では三笘薫からのスルーパスに対し、得意の抜け出しから圧巻のループシュートでゴールを記録した。持ち味の瞬発力で抜け出しから見事ゴールを奪った。所属する鹿島アントラーズでもコンスタントに試合に出場し、今季のリーグ戦で6ゴールを記録している。初戦のU-24南アフリカ戦で復調の兆しを見せることができるか注目だ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top