U-24日本代表、U-24南アフリカ代表戦予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。久保建英や堂安律の活躍に期待!大事な初戦、白星発進なるか?【東京五輪】

2021年07月22日(Thu)6時30分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

MF

遠藤航
【写真:Getty Images】



遠藤航(シュトゥットガルト / ドイツ)
生年月日:1993年2月9日(28歳)※OA
A代表通算成績:28試合2得点
U-24通算成績:4試合1得点

 遠藤航はU-24ホンジュラス代表戦にフル出場を果たし、3点目をアシストした相馬勇紀へパスを送り起点となった。続くU-24スペイン代表戦も前半を0に抑えた日本に貢献していた。6月の代表戦を含め、この世代の代表に合流して以降、圧倒的なパフォーマンスで主力に定着した。

 20/21シーズンの遠藤はブンデスリーガで警告累積により出場停止となった最終節を除く33試合にほぼフル出場。リーグ1位のデュエル勝利数を記録するなど中盤で大きな存在感を発揮した。リーダーシップも評価されており指揮官からの信頼も厚い。来季のシュトゥットガルトの新主将候補との呼び声も高い。初戦ではどのようなプレーを見せてくれるのだろうか。

田中碧
【写真:Getty Images】

田中碧(フォルトゥナ・デュッセルドルフ / ドイツ)
生年月日:1998年9月10日(22歳)
A代表通算成績:2試合0得点
U-24通算成績:14試合2得点

 田中碧は下部組織からプレーしてきた川崎フロンターレを離れ、ブンデスリーガ2部のデュッセルドルフへ買い取りオプション付きのレンタル移籍となった。A代表のボランチでは遠藤航や守田英正、橋本拳人が海外へ移籍し成長。さらには川辺駿もスイス1部に移籍し、A代表のボランチ争いもさらに激化となることが予想される。田中もこの海外移籍をステップアップとしたいところだ。

 抜群のパスセンスを誇る田中は守備から攻撃のスイッチを入れることができるボランチだ。U-24ホンジュラス代表戦では先発出場を果たし63分までプレー。U-24スペイン代表戦では後半開始からのプレーとなった。田中がいると攻撃にリズムが与えられ、日本の攻撃が活性化される。この世代では欠かせない存在になってきた。

久保建英
【写真:Getty Images】

久保建英(レアル・マドリード / スペイン)
生年月日:2001年6月4日(20歳)
A代表通算成績:11試合0得点
U-24通算成績:12試合4得点

 久保建英は今季の前半戦でビジャレアルでプレーしたが、シーズン途中にレンタル契約を解除しヘタフェに加入。ヘタフェでも先発を外れることもあったが、第37節レバンテ戦で決勝ゴールを決めてチームのスペイン1部残留に貢献した。ヘタフェでのレンタル期間が終了し、レアル・マドリードに復帰となった
だが、今後の去就は不透明で様々な噂が飛び交っている。 

 久保はU-24ホンジュラス代表戦で吉田麻也のゴールをアシスト。続くU-24スペイン代表戦では左サイドでの突破から堂安律のゴールをアシストした。6月の代表戦から好調を維持している。右サイドでプレーする堂安律とのコンビネーションも問題なし。日本の至宝はU-24日本代表を金メダル獲得に導くことができるだろうか。

【次ページ】WG&FW

1 2 3 4 5

新着記事

↑top