鹿島アントラーズが上を目指すには? 三竿健斗と鈴木優磨だけではキツイ。「チャンピオンになるチームというのは…」【コラム】

2022年08月22日(月)10時18分配信

シリーズ:コラム
text by 元川悦子 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , ,

鹿島アントラーズ 最新ニュース

明治安田生命J1リーグ第26節、湘南ベルマーレ対鹿島アントラーズが21日に行われ、1-1の引き分けに終わった。前節、鹿島は新体制初陣を勝利で飾ったが、今節は残留争いに巻き込まれつつある相手に苦戦。常勝軍団がさらに上を目指すためには、何が必要なのだろうか。(取材・文:元川悦子)



難敵に苦しんだ鹿島アントラーズ


【写真:Getty Images】

 岩政大樹監督率いる新体制で8月14日の初陣・アビスパ福岡戦を2-0で勝利し、好発進した鹿島アントラーズ。だが、その勢いを持続しなければ意味がない。21日の相手・湘南ベルマーレはJ1残留争いに巻き込まれつつある分、危機感も闘争心も強い。しかも13日の横浜F・マリノス戦が台風で流れた分、鹿島対策を入念に行う時間があった。それだけに、鹿島にとって難しい相手なのは間違いなかった。

【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 新指揮官は前節を踏襲したメンバーを送り出した。入れ替わったのは出場停止のディエゴ・ピトゥカら3枚。今回は最終ラインに安西幸輝、三竿健斗が入り、ボランチも中村亮太朗が陣取る形となった。

「相手は背後へのボールを徹底してきた。特にサイドバック(SB)の背後へほとんど全てと言っていいくらいボールを入れてきた。自分たちも前進していきたかったので、セカンドボールを拾いやすい状況を作る準備をした」と指揮官は試合後に語ったが、そういった湘南の戦い方を事前にイメージし、選手たちに提示。そのうえでゲームに挑んだ。

 しかしながら、この日の鹿島は序盤からデュエルで負ける部分が目立ち、思うようにボールを拾えない。開始早々の8分には土居聖真が惜しいゴールチャンスを迎えたものの、得点の匂いが感じられたのはこのくらい。45分間通してバトルの部分で後手を踏み、ボールを奪われ、攻め込まれるという苦しい時間帯を余儀なくされた。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top