フットボールチャンネル

Jリーグ 3か月前

佐野海舟が自覚する「足りないもの」。勝てない鹿島アントラーズの不名誉な事実【コラム】

シリーズ:コラム text by 元川悦子 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

明治安田生命J1リーグ第33節、川崎フロンターレ対鹿島アントラーズが24日に行われ、3-0で川崎が勝利した。敗れた鹿島は6戦未勝利でシーズン最終節を残すことに。サッカー日本代表からチームに戻った佐野海舟は孤軍奮闘しながら、自分自身に矢印を向けていた。(取材・文:元川悦子)


サッカー日本代表帰りの佐野海舟が見せる輝き

サッカー日本代表の佐野海舟
【写真:佐野海舟】

 2023年のJ1リーグも最終盤。すでに7年連続国内無冠が確定した鹿島アントラーズだが、直近5戦未勝利という苦境を抜け出し、来季につながる形でシーズンを終えたいところだ。

【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】[PR]


 そんな彼らにとって、11月24日に挑む川崎フロンターレはどうしても倒したい宿敵。2016年から15戦未勝利というのは、常勝軍団と言われたチームにとって不名誉な事実でしかない。今季は川崎もJ1タイトルを逃し、順位的にも鹿島より下にいるだけに、黒歴史に終止符を打つチャンスだった。

 岩政大樹監督は前日の段階で代表活動に参加していた佐野海舟と松村優太の先発起用に慎重な姿勢を示していた。が、ふたを開けてみれば2人ともスタメン。今夏、ヴァンフォーレ甲府から加入した須貝英大も7試合ぶりに右サイドバック(SB)で先発に名を連ね、対面に位置するマルシーニョ封じの大役を託された。

 フレッシュな面々が積極的な姿勢を示したことで、序盤の鹿島は相手を押し込み、主導権を握った。佐野もサウジアラビア帰りとは感じさせないほど中盤の幅広いエリアを動き、得意のボール奪取力を見せつけた。

 前半の光ったシーンは20分。自ら仲間隼斗に縦パスを出し、相手にカットされると即時奪回し、最終的に鈴木優磨のフィニッシュにつなげたシーンだ。32分にはレアンドロ・ダミアンが決定機を迎えようとしたところで強引に戻って体を入れて阻止し、33分には思い切った縦パスを鈴木優磨目がけて入れるなど、さすがは16日のミャンマー代表戦で鮮烈な代表デビューを果たした成長株という印象を残した。

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top