フットボールチャンネル

Jリーグ 1か月前

「昨年まではできなかった」京都サンガの目指すサッカー。川崎フロンターレに勝利で表出した狙い【英国人の視点】

シリーズ:英国人の視点 text by ショーン・キャロル photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

明治安田J1リーグ第3節、川崎フロンターレ対京都サンガF.C.が9日に行われ、0-1で京都が勝利した。昨季、2度も目前で勝ち点を落とした川崎に、京都はどう立ち向かったのか。曺貴裁監督や選手たちの言葉から、京都が向かう道のりをうかがう。(取材・文:ショーン・キャロル)


「J1に慣れた大人なサッカー」

川崎フロンターレに勝利した京都サンガF.C.
【写真:Getty Images】

 先週土曜日、等々力競技場で試合時間残り3分というところで、川崎フロンターレの途中出場、バフェティンビ・ゴミスがこぼれ球を頭でゴールに押し込んだ瞬間、京都サンガにとってまた歴史が繰り返されるかのように見えた。

JリーグはDAZNが全試合独占配信!
月額720円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 2023シーズン、曺貴裁監督率いる京都は川崎とのリーグ戦2試合で、ホームでは94分に失点して0-1で敗れ、アウェイでは3-2で迎えた91分に失点して勝利を逃した。今シーズン初の対戦で2018、18、20と3度、J1王者に輝いた川崎に対して勇敢な戦いぶりを見せたにもかかわらず、またも京都は勝ち点3を逃すことになると思われた。

 しかし、果てしなく長いVARチェックの後、ルイス・スミス・ディーン主審はゴミスがシュートする前、ク・ソンユンをセーブされたシュートを放った遠野大弥がオフサイドだったことを理由に得点を認めなかった。この結果、京都は1-0で勝利して勝ち点3を手にしている。

「昨年まではできなかった、今日はJ1に慣れた大人なサッカーができたという印象です」と京都の曺監督は試合後に勝利を喜んだ。

「交代で入った選手も含めて、やらなきゃいけないこと、やるべきことを整理して、アウェイの難しい場所で勝てたことは今後につながる」

 曺監督は、ようやく川崎戦で勝利を掴み取ることができた感想を尋ねられると、わずかに表情を変えた。65分の川﨑颯太のゴールで先制した後、チームはただリードを保っていたわけではないと主張する。

1 2 3 4

KANZENからのお知らせ

scroll top