ジネディーヌ・ジダン

セルヒオ・ラモス

レアルに激怒するベティス陣営、一体なぜ? VARの「R」の意味はまさかのレアル!?

ラ・リーガ第3節が現地25日に行われ、敵地に乗り込んだレアル・マドリードはベティスに3-2で逆転勝利を収めた。この試合で結果以上に注目を浴びたのは、VARが介入して下された判定についてだった。一体何が起きたのか? 実は「VAR」には2つの意味があった?(文:舩木渉)

20200925_real_getty

レアル・マドリード期待の新戦力5人。補強なしと静かな夏、ついに帰還した神童ウーデゴールに注目

3シーズンぶりのラ・リーガ制覇を果たしたレアル・マドリードだが、今夏は動きが少ない。マルティン・ウーデゴールらの復帰はあったが、移籍金を支払って獲得した選手は現時点で0名。既存の主力選手と、未来のある若手のみで新シーズンのスタートを切ることになった。今回は、そんなマドリーでブレイクが期待される若手選手5人を紹介する。

セルヒオ・ラモス

レアルの主役はジダン監督。若手躍動にベテラン復活…リーガ最強軍団が歩んだ優勝への道のり【19/20シーズン総括(3)】

新型コロナウイルスという未曾有の脅威によって2度目の夏を迎えることになった、欧州の長い2019/20シーズンがようやく閉幕した。トラブルに見舞われ、新たな様式への適応も求められながら、タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な目標を掲げていた各クラブの戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はレアル・マドリードの1年を振り返る。(文:編集部)

0808Guardiola_getty

レアルの敗因はミスだが、マンCの勝因は? 変幻自在のグアルディオラ采配を可能にしたのは…【欧州CL】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグ、マンチェスター・シティ対レアル・マドリードが現地時間7日に行われ、2-1で勝利したシティは連勝で準々決勝進出を決めている。レアルのミスから2点が生まれた試合だったが、ペップ・グアルディオラが用意した周到なゲームプランがシティの勝利を確実なものとした。(文:加藤健一)

新着記事

↑top