ジネディーヌ・ジダン

0415RealMadrid_getty

レアル・マドリードの対応力は凄まじい。“塩漬け”ではなかった0-0の90分間、リバプールとの差は…【CL分析コラム】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、リバプール対レアル・マドリードが現地時間14日に行われた。1stレグを3-1で勝利していたレアルは0-0のスコアレスドローに持ち込み、準決勝進出を決めている。リバプールも多くのチャンスを作ったが、レアルの試合巧者ぶりが光った試合だった。(文:加藤健一)

20210411_real_getty

レアル・マドリードが“決めた”45分間。バルセロナを苦しめた策、ハイレベルにタスクを果たしたのは?【分析コラム】

ラ・リーガ第30節、レアル・マドリード対バルセロナが現地時間30日に行われ、2-1でホームチームが勝利している。ジネディーヌ・ジダン監督率いるマドリーはどのようにしてエル・クラシコを制したのか。その理由は二人の男の存在があったからと言えるのかもしれない。(文:小澤祐作)

レアル・マドリード

レアル・マドリード、完璧。背番号20は覚醒まであと一歩? ジダン采配のクオリティーを誇示した90分【CL分析コラム】

チャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16の2ndレグ、レアル・マドリード対アタランタが現地時間16日に行われ、3-1でホームチームが勝利。2戦合計スコア4-1としたマドリーがベスト8入りを決めた。ジネディーヌ・ジダン監督率いるチームは、完璧な90分間を過ごしたと言えるはずだ。(文:小澤祐作)

0314Zidane_getty

ジダン監督が見せた“戦術的色気”。CL直前にレアル・マドリードが試した実験の収穫は?【分析コラム】

ラ・リーガ第27節、レアル・マドリード対エルチェが現地時間13日に行われ、2-1でレアルが勝利を収めた。16日にアタランタとの試合を控えるレアルは、いつもとは異なる[3-5-2]の布陣でこの試合に臨んでいる。(文:本田千尋)

マルコ・アセンシオ

レアル、背番号11は「もう限界」。アトレティコ戦タッチ数最低…そしてまさかのクロスマシーンに【分析コラム】

ラ・リーガ第26節、アトレティコ・マドリード対レアル・マドリードが現地時間7日に行われ、1-1のドローに終わっている。アウェイのマドリーは終盤にカリム・ベンゼマの得点で何とか追いついたものの、内容ではほぼ負けてしまった。このマドリードダービーで浮き彫りとなったのは得点力不足、ウイングの頼りなさだ。(文:小澤祐作)

20210225_real_getty

レアル・マドリードの両翼は全く輝けない。1人退場のアタランタに1点止まりは危険【CL分析コラム】

チャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16の1stレグ、アタランタ対レアル・マドリードが現地時間24日に行われ、0-1でアウェイチームが勝利している。17分にレモ・フロイラーが一発退場を喰らったことで、マドリーは長い時間アタランタを押し込むことができた。しかし、1点のみは物足りない。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top