トッテナム・ホットスパー

ガレス・ベイル

ベイルに居場所はないのか? 好調トッテナムで蚊帳の外、モウリーニョは“最後通告”を突きつけた【分析コラム】

現地17日にプレミアリーグ第19節が行われ、トッテナムはシェフィールド・ユナイテッドに3-1で勝利を収めた。ハリー・ケインやソン・フンミンら好調な攻撃陣が結果を残す一方、ガレス・ベイルはベンチに座ったまま試合終了の笛を聴いた。レアル・マドリードから期限付き移籍で古巣復帰を果たし、大きな期待を寄せられながらほとんど活躍できていないかつてのエースに居場所はあるのだろうか。(文:舩木渉)

ハリー・ケイン

「酷すぎる仕打ち、狂気の沙汰」なのか? トッテナム対フルアムの急開催…プレミアリーグに今こそ必要なもの【分析コラム】

現地13日にプレミアリーグ第16節の延期されていた試合が開催され、トッテナムとフルアムが1-1で引き分けた。もともと昨年末に組まれていたカードだったが、今月11日になって急きょ「2日後の開催」が決まった。今後もこうした突然の日程変更がありうるなかで、イングランドでは終わりのない議論が繰り広げられている。(文:舩木渉)

1221Son_getty

トッテナムはなぜ連敗転落した? レスターが講じたソン・フンミン&ケイン封じ【分析コラム】

プレミアリーグ第14節、トッテナム対レスター・シティが現地時間20日に行われ、0-2でレスターが勝利した。前々節まで首位に立っていたトッテナムはリバプール戦に続く痛恨の敗北で、順位を5位に落としている。レスターという力のある相手に対して、トッテナムの課題が浮き彫りになった試合となった。(文:本田千尋)

20201217_asia1to5_getty

最高額のアジア人は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング1~5位。久保建英vsイ・ガンインの行方は?

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いアジア人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※成績は12月16日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

アリレザ・ベイランバンド

アジアNo.1守護神がトッテナム戦で大奮闘。ベールを脱いだ実力、雨あられのシュートを止めまくる【EL分析コラム】

UEFAヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第6節が現地10日に行われ、トッテナムはベルギーのロイヤル・アントワープFCに2-0で勝利を収めた。もっと多くのゴールが決まっていてもおかしくない展開で、大奮闘を見せたのがアントワープの守護神アリレザ・ベイランバンドだった。28歳で欧州デビュー戦を迎えたイラン代表守護神は、アジアNo.1とも評価される実力を遺憾なく発揮した。(文:舩木渉)

新着記事

↑top