ポール・ポグバ

オーレ・グンナー・スールシャール

マンUは今季もお先真っ暗? 開幕戦で格下に完敗、再考すべきリンデレフ&ポグバの起用

プレミアリーグ第2節が現地19日に開催され、マンチェスター・ユナイテッドは本拠地オールド・トラフォードでクリスタル・パレスに1-3の完敗を喫した。昨季は終盤の巻き返しで何とか3位を確保したユナイテッドだったが、今季も苦しい戦いを強いられるかもしれない。起用を見直すべき選手や補強の必要性もハッキリと見えてきた。(文:舩木渉)

20200910_manU_getty

マンチェスター・ユナイテッド、20/21予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。多士済々の攻撃陣が嵐を巻き起こすか

マンチェスター・ユナイテッドは昨季、前半戦で躓きながらも後半戦で巻き返し、3位でリーグ戦をフィニッシュした。その立役者となったブルーノ・フェルナンデスやメイソン・グリーンウッド、マーカス・ラッシュフォードらは健在で、そこへドニー・ファン・デ・ベークという楽しみな選手も加わるなど、新シーズンへ向けての期待値は高い。今回は、プレミアリーグ開幕を前に、20/21シーズンのレギュラーが予想される11人を基本フォーメーションとともに紹介する。

ブルーノ・フェルナンデス

マンU、見え始めた名門復活への希望。救世主ブルーノ・フェルナンデス躍動、18歳グリーンウッドも台頭【19/20シーズン総括(9)】

新型コロナウイルスという未曾有の脅威によって2度目の夏を迎えることになった、欧州の長い2019/20シーズンがようやく閉幕した。トラブルに見舞われ、新たな様式への適応も求められながら、タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な目標を掲げていた各クラブの戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はマンチェスター・ユナイテッドの1年を振り返る。(文:編集部)

EnglandMF01

プレミアリーグ最高のMFは誰だ! サッカー選手MF能力値ランキング1位~5位。デ・ブライネに肉薄する規格外の男たち(19/20シーズン確定版)

世界各国から選手が集うイングランド・プレミアリーグで最高のMFは誰か? フットボールチャンネル編集部では、各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたプレミアリーグ所属選手のランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

ロベルト・フィルミーノ

プレミアリーグ最高のプレーヤーは誰だ! サッカー選手能力値ランキング6~10位。マンUから名を連ねたのは?(19/20シーズン確定版)

世界各国から選手が集うイングランド・プレミアリーグで最高の選手は誰か? フットボールチャンネル編集部では、各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたプレミアリーグ所属選手のランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

20200728_focus_getty

19/20プレミアリーグワーストイレブン。低迷アーセナルからは最多の…期待を裏切った選手たち

圧倒的な強さを示したリバプールの優勝で幕を閉じた2019/20シーズンのプレミアリーグ。今季も最後まで熱い戦いが繰り広げられたが、その中で思ったような活躍を見せることができず、期待を裏切ってしまったのは誰なのか。今回はフットボールチャンネル編集部が選んだ2019/20シーズンのプレミアリーグワーストイレブンを紹介する。(市場価格は『transfermarkt』を参照)

ブルーノ・フェルナンデス

マンU、下馬評を覆せた3つの要因。2季ぶりのCL出場権獲得…怒涛の追い上げで14戦無敗

プレミアリーグ最終節が現地26日に行われ、マンチェスター・ユナイテッドはレスター・シティを2-0で下し、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した。一時は14位まで低迷した名門は、いかにして3位まで浮上することができたのか。その要因に迫る。(文:舩木渉)

20200710_manU_getty

マンUは「負ける気」がまったくしない。蘇る強き姿、一体なにが生まれ変わったのか?

プレミアリーグ第34節、アストン・ビラ対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間9日に行われ、0-3でアウェイチームが勝利している。ユナイテッドはこれでリーグ再開後4回目となる3点差以上での白星。攻守両面での好調ぶりを再び発揮した。赤い悪魔は何が大きく変わったのだろうか。(文:小澤祐作)

ポール・ポグバ

マンUを絶望から救った一手。トッテナムの巧守に苦闘も…全てを変えたポグバの別格な輝き

プレミアリーグ第30節、トッテナム対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間19日に行われ、1-1のドローに終わっている。ステフェン・ベルフワインのゴールで先制されるなど苦しんだユナイテッドであったが、終盤の得点で何とか勝ち点1を奪うことができた。流れを変えたのは、復活が期待されるあの選手だった。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top