ミャンマー

0911nakajima_getty

中島翔哉、劣悪なピッチ環境で見せた「楽しみ方」。新エースたるべき男の真骨頂と、果たした重責

日本代表は10日、カタールワールドカップ・アジア2次予選でミャンマー代表と対戦し、2-0で勝利を収めた。この試合で先制ゴールをあげたのは、背番号10を背負う中島翔哉。「楽しみたい」と常々口にする日本代表のエースが、厳しいアウェーの試合で見せた答えとは。(取材・文:元川悦子【ミャンマー】)

日本代表

日本代表、ミャンマーに2-0快勝。中島翔哉&南野拓実ゴールでワールドカップ予選白星発進

日本代表は10日、カタールワールドカップ・アジア2次予選 第1節でミャンマー代表と対戦した。

アジア

今すぐJリーグに呼ぶべきアジアの新星は誰か? 各国に精通する記者が若手有望株を厳選【編集部フォーカス】

今年、Jリーグにはタイから5人の有力選手たちが送り込まれ、そしてピッチの上で数字を残している。ならば、彼らに続く新星は誰なのか。アジア各国から厳選した若手有望株を紹介したい。『アジアフットボール批評 special issue07』(10月15日発売)から一部抜粋。(文:植松久隆、長沢正博、宇佐美淳)

タイ代表

東南アジアを熱狂させるスズキ杯の注目株を一挙紹介!“インドネシアのイニエスタ”に元チェルシーFWも

 今月19日よりミャンマーとフィリピンでAFFスズキカップが共同開催される。「カンボジアの至宝」に「タイのメッシ」、さらには「インドネシアのイニエスタ」…。個性豊かな面々が名を連ねているが、東南アジアの国々が熱狂する同大会に出場する注目の10選手をご紹介しよう。(文:宇佐美淳【ホーチミン】)

“東南アジア版オリンピック”SEA Gamesにタイやインドネシアらの次世代を担う注目選手が集結

“東南アジア版オリンピック”SEA Gamesにタイやインドネシアらの次世代を担う注目選手が集結

SEA Gamesというスポーツイベントをご存知の人がいるだろうか。「東南アジアのオリンピック」とも呼ばれるこの大会には男子サッカーもあり、本家と同じく23歳以下という規定がある。そこで見られるのは次世代を担うような才能溢れる選手たちだ。

新着記事

FChan TV

↑top