リシャルリソン

エバートン

エバートン、20/21予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。新加入ハメスが低迷脱出の切り札に

昨季のエバートンは一度崩壊した。2年目を迎えたマルコ・シウバ体制で結果が出ず、一時は降格圏に沈むほど。年末に監督交代に踏み切り、後任のカルロ・アンチェロッティ監督のもとで再起を図った。すると後半戦はパフォーマンスが著しく向上したが、遅れを取り戻すには至らず12位に終わった。今季はハメス・ロドリゲスらをピンポイントで補強し、捲土重来を期す。そこで今回は、20/21シーズンのレギュラー定着が予想される11人を基本フォーメーションとともに紹介する。

イングランドCF1~20_200819_7

プレミアリーグ最高のストライカーは誰だ! サッカー選手CF能力値ランキング6位~10位。マンUのエースが登場!(19/20シーズン確定版)

世界各国から選手が集うイングランド・プレミアリーグで最高のストライカーは誰か? フットボールチャンネル編集部では、各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたプレミアリーグ所属選手のランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

20200518_focus_getty

世界最高の左ウイングは誰だ! LWG能力値ランキング11位~15位。妻へのDVも…能力の高さは確かだが…(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。※成績は4月1日時点

世界最高の左ウインガーは誰だ!LWG能力値ランキング6位〜10位、若き才能溢れる選手たちがトップ10入り! Fチャン編集部が選定(19/20シーズン)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのものを参考)。

フンメルス5人

世界のトッププレイヤー能力値ランキング。昨季、突如現れた新鋭とは一体誰だ! Fチャン編集部が選定(81位〜85位)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかしそれらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのものを参考)。

0619brazil01

ブラジル代表が知らない、フィルミーノの生かし方とは? 0-0を招いた攻撃陣のミスマッチ【コパ・アメリカ】

コパ・アメリカ(南米選手権)・グループリーグA組第2節、ブラジル代表対ベネズエラ代表が現地時間18日に行われ、0-0で引き分けた。ブラジルは38分、60分、87分と3度、ゴールネットを揺らしたものの、いずれもノーゴールと判定された。守備のブロックを敷かれた相手に対して、ブラジルは90分で解決策を見出すことはできなかった理由は何なのだろうか。(文・加藤健一)

ブラジル代表

ブラジル代表、大勝の要因は? 見せつけた王国の実力、立役者となった二人の戦士とは【コパ・アメリカ】

コパ・アメリカ2019(南米選手権)・グループリーグA第1節、ブラジル代表対ボリビア代表が現地時間14日に行われた。前半は無得点に終わるなど苦戦を強いられたブラジルだったが、後半は一気に3得点を奪うなど優勝候補の実力を存分に見せつけた。その中で、3-0大勝の立役者となったのは一体誰だったのだろうか。(文:小澤祐作)

0611brazil01

ブラジル代表、ネイマール不在でむしろ好転? 4大会ぶり優勝のカギを握る22歳トリオとは?【コパ・アメリカ主要国分析(1)】

コパ・アメリカ2019(南米選手権)が現地時間14日に開幕する。4大会ぶりの優勝を目指す開催国ブラジル代表は、どのようなチームで大会に臨むのだろうか。今回は、エース・ネイマールを負傷で欠くブラジルを分析する。(文・加藤健一)

新着記事

↑top