リバウド

ブラジル代表、背番号10の系譜。リバウド、ロナウジーニョ、ネイマール、W杯で輝いたのは?

ブラジル代表は長きに渡ってサッカー界をけん引し、その輝かしい歴史の中で「10」という背番号のイメージも作り上げてきた。世界の覇権を争う舞台で重要な意味を持つ背番号を任された選手たちはどんな活躍を見せたのだろうか。直近のワールドカップ5大会でサッカー王国・ブラジルの背番号10を務めた選手たちを大会ごとに振り返る。※所属クラブは大会前時点、年齢は初戦時点のもの

20200415_brazil_getty

ブラジル代表歴代10番、その能力値は? リバウド、ロナウジーニョ、カカー…サッカー史に刻まれる英雄たち

サッカー界にとって、特別なユニホームがある。それが“ブラジル代表の10番”だ。かつてペレやジーコも袖を通した特別なユニホームは、近年ではリバウド、ロナウジーニョ、カカー、ネイマールと受け継がれ、2019年には新世代の選手も誕生した。世界で最も誇るべきユニホームに袖を通した選手はどのような能力を持つのか。フットボールチャンネル編集部が独自の方法で算出した能力値を紹介する。[sponsored content]

0303VanGaalBarcelona2002_getty

バルセロナ、迷走期の真実。戦術から選手まで…劇薬ファン・ハールによるオランダ化の反動【バルサの20年史(1)】

世界のフットボールシーンは、この約20年で大きく変わったと言える。選手の契約と移籍のあり方が変わり、名門クラブも栄枯盛衰を経験している。今回は120年を超える歴史を持つバルセロナの現代史を複数回に渡って辿っていきたい。(文:西部謙司)

18114_msn_getty

日本代表“NMD”も続けるか、最強攻撃トリオ5選。MSNに3R、往年のオランダ3人衆も 【編集部フォーカス】

日本代表は新体制発足後、3連勝中と絶好調。中島翔哉、南野拓実、堂安律の“NMD”トリオは、森保ジャパン躍進の原動力となっている。この攻撃ユニットは今後も日本の武器となるだろう。そして、今も昔も世界には様々なトリオが存在。今回フットボールチャンネル編集部では、抜群の破壊力を誇った3人衆を紹介する。

新着記事

↑top